ミュージカル 『にんじん』|GLADD(グラッド)

【エンタメ】東銀座

ミュージカル 『にんじん』

セール期間 : セール終了まで 残り-11277時間

大竹しのぶが演じた伝説の音楽劇「にんじん」。38年の時を経て待望の再演!

  • ミュージカル

大竹しのぶが演じた伝説の音楽劇「にんじん」。38年の時を経て待望の再演!

フランスの作家ジュール・ルナールが執筆した名作小説「にんじん」は、フランスの片田舎を舞台に、にんじんのように真っ赤な髪、そばかすだらけの顔をした少年“にんじん”とその家族の物語。

1979年の初演では、当時22歳の大竹しのぶが孤独な影を隠した少年をはつらつと演じて話題に。今なお伝説の舞台として語り継がれる作品です。
そして2017年、38年の時を経て大竹しのぶが同じ“にんじん”役を演じます。

再演にあたり、キャスト宇梶剛士には大竹の他に中山優馬、秋元才加、中山義紘、真琴つばさ、今井清隆、キムラ緑子などが集結。
「僕を愛して」と叫ぶ少年の思いを圧倒的な演技で魅せるミュージカル「にんじん」にご期待ください。

-Story-

「まっ赤な髪で そばかすだらけ そうさぼくは みにくいにんじん!」

 ここは、フランスの片田舎の小さな村。まっ青な空、濃い緑の森、そして澄み切った小川の流れるこの村では、今日も村人たちが楽しそうに歌っています。でもその中にたった一人、仲間はずれの男の子がいました。それが、にんじん(大竹しのぶ)。
 にんじんのような真っ赤な髪、そばかすだらけの顔、だから父親のルピック氏(宇梶剛士)や母親のルピック夫人(キムラ緑子)までが、“にんじん”と呼ぶのです。にんじんだって、フランソワと言う名前があるのに…………。
 にんじんには、婚約者マルソー(中山義紘)との結婚式を控えて夢中の姉エルネスティーヌ(秋元才加)、甘やかされてわがままに育った兄フェリックス(中山優馬)がいますが、二人ともにんじんには無関心です。それぞれが勝手気ままの家庭に、新しくルピック家に女中としてやってきたアネット(真琴つばさ)もあきれる始末。
 誰にも愛してもらえないにんじん。みんなにどうでもいいと思われているにんじん。だから、どうしてもひねくれてしまうにんじん…………。そんなにんじんの数少ない友達の名づけ親(今井清隆)は、にんじんを優しくなぐさめます。
ある夜、ルピック夫人の銀貨が一枚なくなるという事件がおこります。夫人はにんじんを泥棒ときめつけ、はげしく責め立てるのですが―――。

GLADD(グラッド)のご紹介

GLADD(グラッド)は各種商品をセール価格で多数取り揃えております。ミュージカル 『にんじん』の各種商品以外にも、様々なブランド商品やメンズ・レディース・キッズのファッションアイテム・レストランコース利用券・エステサービス券・家具・アウトレット商品など幅広いカテゴリの商品をリーズナブルな値段でご購入できるようにサービスを提供しています。毎日新着の最新トレンドアイテムが登場し、キャンペーンセール商品やクーポンの用意もございますので、GLADD(グラッド)の格安オンラインショッピングをぜひ楽しんでください!そして、ミュージカル 『にんじん』の次回開催にどうぞご期待ください。