MAGAZINE

【パステルカラー】淡く優しい色使いが新トレンド

2020年春夏メンズコレクションがきっかけとなり、シュガーピンクやペールブルーといったパステルカラーが流行の兆しを見せている。お手本は、カラーリング巧者の集まるコペンハーゲンのストリートスナップに!

イエロー・グラデーションでつくる70年代風ルック

Photo by Matthew Sperzel/Getty Images

黄色のグラデーションでトータルスタイリングした、アート・ディレクターのジョセフィン。シャツのフロントをラフにタックインして、レモンイエローのベルトバッグをアクセントに。フラワープリントのシャツやセンターで分けたヘアスタイルで、70年代ライクなムードに仕上げた。チョーカーのように短いシェルネックレスも可愛い!

甘さたっぷりのパステルブルーのドレス

Photo by Christian Vierig/Getty Images

イラストレーターのジェニーが着たドレスは、セシリー バンセンのもの。ドレスのカラーに合わせて、トップスとクラッチバッグもブルーのカラーパレットで統一。甘くフレッシュなドレススタイルが完成した。キッチュなムードのイヤリングとフラワーモチーフブレスレットのチョイスも彼女らしい。足もとはヌーディーなサンダルで抜け感をプラス。

優しいピンクに似合うパンツルック

Photo by Christian Vierig/Getty Images

ピンクのカットソーをアイスブルーのパンツにタックインした、インフルエンサーのヴィッキー。リラクシングな袖口とパンツの足首のフリルディテールが、優しいカラーリングと相まってフェミニンな表情を演出。カットソーと同系色のサンダルで、スタイリングに統一感を生み出した。大ぶりのゴールドイヤリングで、コンテンポラリーなムードを添えて。

イエローのウェアを小物で遊んで

Photo by Christian Vierig/Getty Images

フォトグラファーのジェシーが着たシャツは、ウィーンをベースに展開するブランド、カリッシーのもの。細かなプリーツがあしらわれたトランスペアレントなシャツは、着るだけでニュアンスを生み出してくれるアイテム。マスタードイエローのスカートで同系色のグラデーションをつくり、バッグとスマートフォンケースでポップな遊び心を加えた。カラフルなスタイリングを引き締めるのは、クリーンなホワイトブーツ。

フェミニンドレスにシックな仕上げを

Photo by Christian Vierig/Getty Images

インフルエンサーのソニアが着たパステルピンクのドレスは、コペンハーゲンのトレンドセッター2人が立ち上げたブランド、ローテートのもの。マニッシュなコートとくすんだグリーンのブーツで、フェミニンで華やかなドレスをシックにまとめた。ディオールのバッグがリュクスなアクセントに。

パステルカラーのドレスにフーディを合わせて

Photo by Christian Vierig/Getty Images

レトロなレインボーカラーのドレスと、紫のフーディをレイヤード。ドリーミーなドレスと、ストリートライクなフーディの組み合わせが面白い。カジュアルなバレンシアガのスニーカーと、クラシカルなパールのネックレス&アンクレットでスタイルを上手にミックス。コンテンポラリーな表情のボーイのバッグが、スタイリングにさらに奥行きをプラスしてくれる。

セットアップも今季はパステルカラーを選んで

Photo by Christian Vierig/Getty Images

今シーズンも人気のセットアップ。新たに挑戦するなら、ぜひパステルカラーを選びたい。インフルエンサーのサラが着たのは、コペンハーゲンのブランド、ブランシェのセットアップ。パステルブルーにコルセットとバッグ、シューズのホワイトを足して、クリーンなムードで取り入れた。アクセサリーもミニマルにまとめて、ハンサムに着こなして。

text : Chiharu Itagaki

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -