MAGAZINE

【サイクリングショーツ】タイトなショートパンツは、トップスとのレイヤードで攻略せよ!


欧米のストリートでは既にヒット中のニューボトムス、サイクリングショーツ。ボディラインに自信がないと穿きこなせないのでは……と恐れるなかれ! トップスとのレイヤードで上手に取り入れたファッショニスタのスナップを、ぜひ参考にして。

フレンチスリーブトップスでスポーティ・シックに

Photo by Christian Vierig/Getty Images

白いトップスとサイクリングショーツをレイヤードした、インフルエンサーのアレクサンドラ・ゲラン。赤いラインの入ったソックスブーツやサングラスで、スポーティな気分を盛り上げた。トップスはノースリーブではなくフレンチスリーブなので、かすかにフェミニンな印象。バッグはスポーツブランドではなく、ディオールのものを選んでシックにまとめた。

くすみブルーのビッグシャツとレイヤード

Photo by Claudio Lavenia/Getty Images

インフルエンサーのクセニアは、全身をフェンディでトータルスタイリング。大きめのサイズ感のシャツとサイクリングショーツのレイヤード、クロスがけしたミニバッグなど、さりげなくガーリーな雰囲気が漂って。シャツのくすみがかった色あいや生地感、バッグとシューズの紫で、秋の気分を先取りした。

キャメルベージュのジャケットで都会的に

Photo by Christian Vierig/Getty Images

スポーティになりがちなサイクリングショーツを、まるでクロップドパンツのような感覚で取り入れたのは、インフルエンサーのケイト。端正な表情のキャメルベージュのジャケットや白いシャツの効果で、ショーツを洗練されたムードに昇華。ヌーディなサンダルを合わせ、膝から下をヘルシーに見せて。

ジャケットのロングプリーツがドラマティック!

Photo by Matthew Sperzel/Getty Images

スタイリストのジェラルディンが着たジャケットには、プリーツの飾りが。ドラマティックな表情を生み出すとともに、ショーツをはいた脚のラインもさりげなくカバーして。このバランス感は、ジャケットに大判のストールを足して、ぜひ真似してみたい! バッグやパンプスにも、モードな雰囲気のあるものをチョイス。

注目ブランドのショーツを取り入れて

Photo by Vanni Bassetti/Getty Images

モードブランドも続々とサイクリングショーツを発表。写真の女性が穿いたショーツは、マリーン セルのもの。着丈の長いブラックTシャツと白シャツをレイヤードし、スポーティなアイテムを多用したスタイリングにハンサムなムードをプラスしている。サングラスはグッチ。

センシュアルな細ストラップサンダルとフーディをミックス

Photo by Christian Vierig/Getty Images

スポーティなビッグシルエットのトップスを合わせるのは、サイクリングショーツの定番スタイリング。インフルエンサーのインガは、トミー ヒルフィガーのフーディに、レザー調のショーツを重ねた。足もとには、意外性のある細いストラップサンダルをチョイスして、センシュアルなムードをプラス。カジュアルになりすぎない、フェミニンな小物使いが効いている。

チェック柄ジャケットを軽快に取り入れて

Photo by Christian Vierig/Getty Images

今年の秋も気になる、チェック柄ジャケット。インフルエンサーのアレクサンドラ・ラップは、サイクリングショーツと組み合わせて軽快に取り入れた。カジュアルな印象の強いバケットハットは、レザー素材のものを選んでリュクスに。バレンシアガのハイヒールパンプスやサンローランのバッグで、エレガントな表情をプラスして。

text : Chiharu Itagaki

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -