MAGAZINE

真のラグジュアリーを感じるボディオイル

100mlで$98でした@バーグドルフグッドマン
100mlで$98でした@バーグドルフグッドマン

ミラノコレクション出張から戻りました。20ssの傾向として、各ブランドがサステイナビリティとどう向き合うか、というのがひとつの課題だなあと思いました。そこでご紹介したいのがこのボディオイル!

ラフ・シモンズの前にカルバン・クラインのデザイナーを約13年間務めていたフランシスコ・コスタを覚えていますか?  ブランドを去った後、彼は故郷のブラジルに戻り、癒しの日々を送りながら、新たなプロジェクトのことを考えていたそうです。2年の月日を経たのち、昨年末リリースしたのが、なんとビューティブランドの「コスタ ブラジル」だったのです。フランシスコ氏の、控えめかつミニマルでエレガントなテイストはそのままに、美容界に殴り込みです。まずはビジュアルがめちゃ素敵で、心掴まれました。オーガニックでピュアで、この上なく洗練されかかっこよさ!  どうしても欲しくなって、ニューヨークコレクションに行く同僚に買ってきてもらい、念願の実物をゲット!

「コスタ ブラジル」のコンセプトはブラジル産であること、そしてサステイナブルであること。パッケージのプラスティックも微生物による分解が可能です。オイルはブラジルのナッツオイルやアマゾンの雨林から取れる樹脂を使っていて、すごくオーガニック。薬草のような香りも自然です。このボディオイル、私はヘアに使っていますが、数滴で自然にまとまり、かなりいい(全然べとつかなくて、本当にナチュラルにまとまります!)。一番いいなと思うのは、質がいいことがしっかり伝わりながら、これからのラグジュアリーって、こういうことだと実感できることです。もはや、既存のブランドバリューは関係ないなと思う今日この頃。「コスタ ブラジル」は、環境に配慮したコンセプトで成り立つアイテムを、非常に洗練されたセンスで見せています。その手腕に拍手を送りたい。プライスはもちろん高いですが、高いものには理由があることを十分に納得させてくれます。そして、アマゾン火災にたいしても支援を表明していますし、売上金で植林活動も行っています。

プロダクトを売るだけではない企業価値があるところに、お金を払いたい。私はこれを”応援買い”と勝手に命名。これからのラグジュアリーな買い物はそういうことだとひしひし感じております。日本ではまだ手にする機会が少ないですが(ネッタポルテで扱いありました!)、頭の片隅に「コスタ ブラジル」を覚えておいてください。そして出合った時にはぜひ手に取ってみてほしいです。これからのラグジュアリーを体感できるはず!

 

保存

保存

保存

保存

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -