MAGAZINE

大人にちょうどいいバケットハット

気恥ずかしいのでなかなか帽子に挑戦できなかったのですが、年々強くなる日差しに耐えかねまして、やっぱり今の日本では必要だわ……という結論に。帽子と言っても麦わら帽子からキャップまでいろいろありますが、フェスでも街でもOKで、さらに適度なモード感を保ちながらスタイリングの邪魔をしない、という観点では、バケットハットが正解なんじゃないかと。

ずーっと探してようやく見つけたのが、UNUSEDのバケットハットです。写真を見ていただくと、一見何の変哲もない帽子ですが、被ると上質なムードを醸し出します。バケットハットはシンプルだから、どこのもそんなに変わらないんじゃないの~と思われがちですが、被ると俄然違いが生まれるんですよね! 生地はポリエステル混シルクで適度な艶があり、クラウンがやや浅めなので、目元がすべて隠れてアングラな雰囲気が出ちゃう、ということがないんです。バケットハットって結構、ユースかつストリートに傾きがちなアイテムですが、UNUSEDのハットは大人が被っても無理している感が出ず、シックな印象。UNUSEDのアイテムは、ストリートなムードでもきちんとそこに「高さ」があるので、安心なのです。
もちろん日差しもばっちり遮ってくれますし、撥水性はないものの大雨のフジロックではずいぶん守っていただきました。ツバ部分には中綿が入っているため、変に曲がったり跡がついたりすることもありません。したがって旅行に最適! バッグにぐしゃっと詰めても問題なし。この夏キューバに旅行した際も、激しい日差しと紫外線をしっかり防いでくれました。
このちょうどよさ、結構希少かと思います。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -