MAGAZINE

焼けすぎて辛い肌に、レスキュークリーム

この夏、猛烈に焼けました。といっても海外のリゾートに行ったわけでもなく、1~2回の海水浴(しかも日本海)だけです。泳いだ日の夕方には皮膚がヒリヒリして、これはヤバいな……と思っていたら案の定、翌日には真っ黒に焦げていた。とともに、紫外線によって肌もガサっと痛い、痛すぎる! どうやら炎症っぽい何かも起こしているようで、ところどころ湿疹も出ていたほど。ひと撫でして焦った状況、迷わずエンビロン デリケートクリームに手を伸ばしました。

友人に教わって以来、レスキューアイテムとして愛用しています。肌の痛みとかかゆみと感じたときはこのデリケート用クリームを薄く取り、全顔にそっとオン。そうすると、翌朝肌がするっとしている! ひりつきや凹凸がなめらかに。そして、保水されてもっちりした質感になった気がして、使い心地がお気に入りなんです。また、発疹やニキビなど局所的なトラブルには、気持ちクリームを厚めに塗ると、落ち着きますね。もっと辛い日の肌には、最近買ったデリケートジェルと併用しています。トラベル用の小さいサイズは、旅の機内持ち込みにも必ず入れるほど、手放せない存在です。
これらの名品にお世話になりながら、今は日焼け肌をせっせともとの肌の色に戻すべく(絶対に美白でなくては!とは思わないのですが、着たい服に似合うくらいのスキントーンでありたい……)、スゴすぎる!!と話題の美容液、オバ C25セラム ネオでビタミンCをガツガツ投入しながら、せっせとスキンケアに励んでいます。夏のダメージ、早く回収できるとよいのですが。頑張ります!

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -