MAGAZINE

ストウブで一合炊き生活始めました。

炊きたてのご飯ってなんであんなに美味しいのでしょうか。食べ過ぎとわかっていてもついついおかわりしちゃったり。白米の誘惑に勝てないまま人生ウン十年生きていますが、最近気になっていたのがうちのご飯用土鍋が一人暮らしなのに二合炊きなこと。冬でちょっと体重が増えたこともあり、いつも二合炊きなのが太る原因なのではないか、と先日ふと思い立ちました(もちろん二合食べているわけではなく余ったら冷凍してましたが)。大は小を兼ねるので、土鍋は一合でも炊けるのですが一合だけ炊くとお鍋の底に薄く張り付くように硬く炊けてしまい、美味しさが半減している。なんとかいつもほかほか炊きたてご飯一膳にありつけないものだろうか、と地味な欲求を募らせていたところ偶然お店で見つけたのがこのストウブの「ラ ココット デ ゴハン」のスモールサイズ。そう、ご飯を炊くための小さなココットです。

これだけ小さいとご飯一膳分も夢じゃないかも、と思って買って試してみたところこれが大正解!! つやつやでぴんと立ったご飯がちょうど一膳分炊けます。直径12センチの小さいココットは一合分炊ける設計になっていますが、私は一合でもちょっと余らせてしまうので、100ccくらいのお米とお水で炊いてます。中火で沸騰したら弱火で10分弱、蒸らし10分。20分ちょっとで美味しいご飯がぱっと炊けるのでちょっとだけ余裕のある朝にも作れます。

なんでも蓋の裏の突起が、ご飯を美味しく炊くために水分をうまくまわす秘訣なのだとか。美味しいのでもう少し食べたくなっても、1膳分しか炊いてないからそこで我慢できる、というメリットもあります。忙しいと外ではついつい麺類など手っ取り早く食べられるもので済ませがちですが、ご飯を炊くことでお味噌汁やお魚など体に良い和食メニューの可能性も広がってくる。一人暮らしの食卓にオススメです!

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -