MAGAZINE

婦人体温計で朝10秒の健康診断

基礎体温というのものを生まれてこのかた一度もつけたことがありませんでした(38歳独身)。不規則な生活のせいか婦人科のお世話になることは多々あり、そのたびに先生に「基礎体温つけてますか?」と聞かれているのに、子供が欲しい人がつけるもの、面倒くさいもの、というものすごく偏った認識で遠ざけていました。が、最近体調不良や生理周期の乱れが気になって、通りかかった薬局でとにかく手間なく使えそうな婦人用電子体温計を気まぐれに買ってみました。それがこちらのオムロンの婦人用電子体温計。

この体温計の何が良いって、短時間で計測できるうえにスマートフォン用のアプリ「カラダのキモチ」と連動していることなんです。朝目が覚めたら、枕元に置いておいた体温計を口にくわえて10秒。音がピピっと鳴って計測が終了したら、携帯のアプリを開いて、体温計の蓋を閉めるだけ。これだけでBluetoothでデータが転送されて、アプリ内で勝手に折れ線グラフを作ってくれます。あらかじめ生理周期を入れておけば、今がどんな時期なのかをリフレッシュ期、ハッピー期、リラックス期、スロー期と区分けして、ダイエット効果の有無、肌の調子がどんな状態になりやすいか、心が落ち込みがちかすっきりしているか、まで目安を教えてくれるのです。私は排卵日前後になるとお腹が痛くなることが多かったり、生理前に便秘になりがちなのですが、全部このアプリでその時期がクリアになるので、心の準備がかなりできるのもうれしい。ちょっと落ち込んでも、「カラダのキモチ」に気分が落ち込みやすい時期、と書いてあると「そうかホルモンのせいなら仕方ないな」と割り切れるのでありがたいのです。

「カラダのキモチ」のアプリは月々有料でもっとアドバイスがきちんとうけられるプレミアムプランもあるようですが、私が利用している無料プランだけでもかなり便利。そして体温を毎朝つけていると、例えば低温期の中でもいつもより体温が低い!など、体が冷えていることにもすぐ気が付けるのがいいところ。基礎体温をつけるようになってから、体温の低い日は温かいものをとったり、むくみやすい日と書いてあったらなるべくいつもより歩くようにしたり、と状況に応じて対策をとることができるようになってきました。まさに「カラダのキモチ」を教えてもらっている感覚。朝10秒でできる健康診断、おススメです!

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -