MAGAZINE

晩夏の”チマメ色”は、ミア・ウォレスばりに無敵

暦の上ではセプテンバー。毎年この時期、「何を着たらいいのかわからない病」に陥ります。
何年もこの仕事をしていて、職業柄一応最先端のトレンドを知っているはずなのですが、難しいものは難しい。
能天気な絵柄のTシャツやサンドレスはさすがに封印しますが、一足飛びにニットやブーツというのもこの天候では……。
そこでペディキュアの色を変えてみました! (昨年もネイルで衣替え、的なことを言ってましたね、ワタクシ……)。”今さらジロー”な定番中の定番ですが、そんなときにシャネルの”チマメ色”はパーフェクト! 『パルプ・フィクション』でユマ・サーマン扮するミアがつけているのを見て買いに走った思い出がありますが、その魅力はいまだに色あせない。正直、ペディキュアをほかの色に浮気していたシーズンもありましたが、いつも戻ってきてしまいます。今季改めて手に入れた”ヴェルニ ロング トゥニュ ルージュ ヌワール”。シックでそこはかとなくセンシュアルな色彩は唯一無二。あえて短めに整えた爪にツヤッと2度塗りが自分の好み。ネイル1つで、9月でも堂々とヌーディな足元でいられる。やっぱり持っていて損のない一本です。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -