MAGAZINE

下まぶたが発光すれば、世界は明るい

いちばんガックリ来る言葉は「疲れてる?」。おっしゃる通りハイ疲れてます、ということも多いですが、今日は元気なんだけどな〜という時もある。
どちらにしろ慌てて鏡で土偶のような肌や出没したクマを確認すると、妙に納得します。そんなとき「コレ使ってみます?」と美容担当から勧められたのがこちら、ケサランパサランのアンダーアイブライトナー。
しかしコンシーラーってピンと来るものに出会ったことがないんです。カバー力があるものだとのっぺりして塗った感が「半端ない」し、のびがいいものは結局クマが隠れないし。
けれどせっかくの機会、一晩だけ借りて使ってみることにしました。まずは左のオレンジを目尻から目頭までちょんちょんと置いてトントン馴染ませてみました。肌なじみのいい塗り心地で、青黒さはかなりニュートラルに調整された気が。
驚いたのは右のイエローを重ねたとき。発光するような輝きで目もとがパーンと明るくなったのです。パール感のあるコスメティックスはあまり好みではないのですが、こちらはイエローベースだからか、肌浮きせず自然な仕上がり。自分のようなズボラにはやや面倒ですが、オレンジ→イエローと二層重ねることが、のっぺり感を回避しているのかもしれません。とにかく瞳が急にパチッと開いたかのようです。
というわけで、美容担当から拝借した私物は返して、自分のをゲットしました。サッカー観戦や入稿で寝不足の朝にはまさに大活躍です。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -