MAGAZINE

今さらながらの「ソーダストリーム」が最高の巻

ビールに、コーラに、ソーダ割り。シュワシュワした飲み物が基本的に大好きです。これからの季節、劇的に増えるのが我が家の炭酸水の消費量。朝、汗だくで目を覚まして寝起きに一杯。夜はもちろんハイボールやレモンサワーに。休日には梅シロップを割っておやつに飲んだりも。ずっとペットボトルの炭酸水を箱買いしてたんですが、保管場所をとるのとゴミが大量に出るのが気になっていたのでした。

「ソーダストリーム SPIRIT」税込み14000円。コンパクトさを重視してこちらを選びましたが、もっと安価なベーシックモデルや、全自動の上位モデルも。
「ソーダストリーム SPIRIT」税抜き14000円。コンパクトさを重視してこちらを選びましたが、もっと安価なベーシックモデルや、全自動の上位モデルも。

「ソーダストリーム」、おそらくご存知ですよね、2011年に日本上陸した自宅で炭酸水が作れるマシンです。発売時から気になっていたのですが、当時の家に置く場所がなかったのと、飽きっぽい性格から「せっかく買っても使わなくなるかも」とその時は手が出せず。長らく忘れたままだったのですが、最近、家中のモノの減量と家事の効率化について考えてまして。「もしかして、アレが家にあれば、炭酸水の段ボールの保管場所、ゴミ捨ての手間、注文の手間が全てなくなるんじゃない!?」と思いついてしまいました。

保存

保存

でも気になるのが「これ、買って元取れるの本当に?」ということ。「ペットボトル1本の炭酸水が18円でできる」とうたわれてますが、もちろん初期投資分はもっとかかります。こちらも調べましたらば、先達がいろいろと検証していらっしゃる。どうやら損益分岐点は、我が家の場合7~8か月ぐらいでやってきそうです。かくして家族会議の末、満を持して「ソーダストリーム」、ポチらせていただきました!

炭酸水の作り方はとても簡単。専用のボトルに冷水を入れマシンにセット、数秒ずつ繰り返しボタンを押すだけで完成します。まろやか微炭酸から、スキッと強炭酸まで強さも自由自在。作りたての強炭酸水で作ったソーダ割り、夏のくつろぎタイムのおともに最適ですよ! どハマリしていた土曜ドラマ「おっさんずラブ」もこちらで作ったハイボールとともに鑑賞(最終回は晩酌しながら「牧くん……ほんとよかったね……」とマジ号泣)。ドリンクだけでなく、ご飯を炊いたり煮物を作る時にも炭酸水を使うとおいしくできるんだとか。「しゅわしゅわラバー」のみなさん、おすすめです!

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -