MAGAZINE

なんてふわふわ、ホカオネオネ

その名前を認識したのは、昨年末に靴特集を担当したときでした。スタイリストの方が借りてきてくださった極厚ソールのビーチサンダル。ブランド名を見ると「HOKAONEONE……ホカワンワン?」。なんだろうこの不思議な名前、というのが第一印象。撮影時には原稿に反映するためにサンプルを片っ端から履くのですが、その一足にも何気なく足を通してみたんです。その瞬間、脳天を撃ち抜かれたような衝撃が。コレもう一生脱げない!!!と狂喜するふわふわ感だったんです。雲の上ってこんな感じ……?としばしトリップ状態に陥るほど。のちにブランド名は「ホカオネオネ」、2017年S/Sコレクションより日本で本格展開、ということを知りました(ちなみにその特集で掲載したサンダルはこちら)。

そして季節は流れ5月。日頃の運動不足を解消するため、友人たちと皇居ランに挑戦することに(まっったく運動と無縁だった文化部代表の自分にとっては大快挙です)。ろくなランニングシューも持っていなかったので、よくプライベートで走っているスタイリストの方におすすめを聞いてみたんです。その返信は「初心者にはホカオネオネがよいと思うよ」。一瞬で、あのふわふわが脳裏に蘇りました。他の靴には目もくれず、早速買ったのがこちら。

クリフトン 4」というモデルです。これはもう、ひとたび足を通せば誰でも極上の感触に夢中になるでしょう。ボリュームたっぷりのEVA(合成樹脂)素材のミッドソールは、抜群のクッション性。私は土踏まずがかなり深くバランスが悪いので、靴の中で足が遊びがちなんですがこのソールはしっかり足裏のラインにフィット。そのホールド力にも感涙です。

インソールのデザインもかわいいんです
インソールのポップなロゴデザインもかわいいんです

いざ走ってみるとさらにスゴかったのは、私のめちゃめちゃに弱々しいステップを押し出す推進力! 公式ホームページの「メタロッカーテクノロジー」という項目に、靴が車輪のようなはたらきをするローリング運動の図解がありますが、まさにそんな感じ。すいすいと進むんです。またこのふわふわソールは衝撃吸収性にもすぐれていて、こんな万年運動不足の私でも関節が痛まないのはこのクッションのおかげかなあと思います。しかしもちろん筋肉痛はとてつもなくすさまじかった。青春時代からスポーツの一切をサボっていたツケです。ただひとつ、このシューズと走っているときの皇居は大変に気持ちよかった!!ということだけお伝えしたいです(笑)。自分に負荷をかけてしまうと続かないので、今年はこのふわふわシューズとゆるく走ることが目標、です。

友人の足もとを借りましたが、ブラック×ホワイトやオールホワイトのモデルは普段使いにも
こちらは友人の足もとですが、ブラック×ホワイトやオールホワイトのモデルは普段使いにも
提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -