MAGAZINE

NY土産に、胸きゅんリップ

先日までニューヨーク出張に行ってました。ある空き時間、お土産を探していたときのこと。やっぱりセフォラは行くでしょう! と訪れたショップでこのラインを知りました。

2017年12月に発売された、#Lipstories というシリーズ。マット、メタリック、サテンという3つの質感で堂々40シェードがラインナップ。何がかわいいって、まずその名前ですよ。「A little Magic」「Somewhere in Spain」「After Hours」「Labyrinth City」などなど。その名前にリンクする写真がプリントされた紙パッケージもばっちり“映え”ます。そんなことを見越したハッシュタグのネーミングだと思うのですが、instagramで検索するといい感じでおしゃれなポストが上がっています。
それで価格が$8というのも“こみやげ”レベルで気負わなくてちょうどいい。そして相手の顔を想像しながら、この子にはこの色が似合うかな~なんて考えながら、何本か購入しました。先日編集Kも言っていましたが、リップスティックや口紅のプレゼントってなんだか嬉しい。すべての人がそうかはわからないですが、私は相手が自分の顔を脳裏に浮かべてくれた時間を思うと愛しくてしょうがない! 少しでも喜んでくれたらいいなあ、といくつか日本に持ち帰ってきたのでした。
ちなみに自分用には、うっかり使うあてもない真っ白なリップを(笑)。「In the clouds」という名前とパッケージに惹かれて。いざ塗ってみたらミュージカルの出番待ちみたいな人になりました。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -