MAGAZINE

丁寧に暮らしたい・2018~買ってよかった毛玉取り器

年明け、毎年こんなものこんなものを書いてきました。同じこと言い続けてはや3年目ですが、ハイ、相変わらず家は荒れ果てております(キッパリ!)。しかし今年こそ、今年こそ。目指せ「丁寧な暮らし」。

今年の目標は、暮らし関連では「今あるものをメンテナンスしながら、ちゃんと使う」かなあ、と思っております。元来新しいもの好きのため、放っておくと家には外からどんどんものが入ってきます。年末に片づけをしておりましたら、出てくるわ出てくるわ、手に入れただけで満足して放置されていた道具に服に本……これではさすがにものたち(&支払ったお金)がかわいそう。今年は、新しいものを手に入れるペースを少し落として、持っているものをちゃんと活躍させてあげようかと。

テスコム毛玉クリーナー KD778。通販サイトで3000円ちょっとでした。
テスコム毛玉クリーナー KD778。通販サイトで3000円ほどでした。コートやカシミアには洋服ブラシを。

手始めに買ったのが、電動の毛玉取り器。「って、早速新しいもの買ってるんじゃん」という感じなのですが、これが予想以上に素晴らしく、メンテナンス生活が劇的に楽しくなったのです!

保存

保存

私のニットがなんだかヨレヨレでぱっとしない理由。それは今もっている毛玉取り器が小型の電池式で使いづらく、面倒でついついお手入れをさぼってしまうからでした。リサーチの結果、ダントツ人気だったのが、このテスコムの毛玉クリーナ―。Amazonでもベストセラー1位で、レビューも上々。早速ポチりました。何これ……すごい。今まで使っていた毛玉取り器は何だったんだってぐらい、すごすぎる!

まず何より素晴らしいのはAC電源(コンセント)式のため、パワーが落ちることなく、長時間の使用が可能であるということ。大きなロングカーティガンや、何なら毛布の毛玉もらくらくとれちゃいます。ヘッド部分も大きく、動きもスムーズ。ローゲージのざっくりニットもちろんなんですが、私が感動したのが、ハイゲージのニットにこの毛玉取り器を使ったとき。ハイゲージのニットって、つまんでとれるような毛玉はつかなくても、遠目で見ると全体がなんとなーくモワモワとくたびれている、ってことありませんか? このヘッドを滑らせるとですね、そのモワモワがとれるのですよ! 仕上げにスチーマーを使えば、お疲れニットがシャキッとよみがえります。楽しくて楽しくて、家族全員のニットの毛玉をとりまくっています。

毛玉をとってスチームをかけたニットは、なんだかいつもより可愛く見える! 冬のおしゃれが少し楽しくなりそうです。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -