MAGAZINE

花咲く紅茶の時間

日常で感じられる、ちょっといいこと。まさにスモールグッドシングスにぴったりなアイテムを紹介します。「物語のあるお菓子」を提案するcinecaが製造している「甘い標本」という砂糖菓子です。その名の通り、標本のようなラベルが貼られた箱に入っています。箱を空けると、水と砂糖のみで作られた透明なキャンディがお目見え。その中に本物の花が閉じ込められているのです。手に取って光にかざすと、中の水泡がきらきらと光り、花びらが透けて、とてもきれい。眺めているだけで幸せな気持ちになります。

でも、お楽しみはこの後から。エンターテイメントな時間が始まります。まずは温かい紅茶を用意。お気に入りのティーカップに注いだら、このフラワー・キャンディをぽとんと落とします。すると水飴がしだいに溶けていき、デイジーがふわりと浮かび上がります。まるで紅茶に花が咲いたよう! 飴の甘さで、紅茶もよりおいしくいただけます。寒い日が続きますが、暖房のきいた部屋の中で、こんなふうにほっと一息つけるのも、冬の醍醐味ですよね。

この「甘い標本」はThe Little Shop Of Flowersにて取り扱っています。お店の人によると、大人気で入荷するとすぐに売り切れてしまうそう。だいたい月初めに入ってくることが多いそうです。ぜひチェックしてみてくださいね。ギフトにも最適です。以前友人の子(10歳の女の子)にプレゼントして、とても喜ばれました。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -