MAGAZINE

アイスのためのスプーン、いかが?

夏休みのラジオ体操ってありますよね。せっせと近所の公園に足を運んではせっせとスタンプカードを貯める。そして最終日には近所の駄菓子店に駆け込むのです。それは体操をがんばったご褒美としておばちゃんにスタンプとお菓子セットを引き換えてもらうため! 中身はうまい棒やモロッコヨーグル、ベビースターラーメン、そして……棒シャーベット。私は無類の冷たいもの好きですが、今も昔も一番好きなのはカップアイスなんです。中でもこっくりクリーミーな味わいのもの。それらは微妙に値段が高く、小学生のお財布には厳しい価格帯でした。普段から気軽には食べられない。だから夏休み最終日の私は、大口を開けている男の子のパッケージを見ながら「あなたじゃないんです」とほんのり思っていたのです(もちろんおいしくいただいていましたが)。

時は流れ、今やちょっと疲れたときや自分のご褒美に、とお値段の張るアイスクリームもわりと気軽に食べるようになりました。こんな話をしたのは、つい先日素敵なギフトをもらったから。それがこちら、SABO STUDIOのアイスクリームスプーン。その名の通りノスタルジックな佇まいのそれが、重みとマットな光沢のあるステンレスに。喜びさっそくこのスプーンでアイスクリームを食べてみると、フラットでなめらかな舌触りが新鮮! ひんやりとした食感もよりダイレクトに伝わります。上品な青のパッケージも素敵! 自分ではなかなか手が伸びないような、用途を絞ったアイテム選びも気が利いていて素敵。真似しようと固く決意しました。といいつつバターやジャム用としても使えて、意外と活躍シーンも多そうです。あったかくした部屋でニットにくるまり、“ちょっといい”スプーンでアイスを食べる。子供の頃に憧れていたちょっとした贅沢をかなえているなぁ、大人になったなぁとひとりしみじみする夜でした。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -