MAGAZINE

サラ・ジェシカ・パーカー、『SATC』のオープニングシーンを約20年ぶりに再現!

米人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』(以下SATC)で主人公キャリー役を演じ、一躍ファッションアイコンとなったサラ・ジェシカ・パーカー(53)。あの有名なオープニングシーンを再び演じることに!

Photo:Getty Images

『SATC』のオープニングシーンといえば、ニューヨークの街中を歩くチュチュ姿のキャリーが、通りすがりのバスに水しぶきをかけられるというもの。

ドラマが放送された1998年から2004年までの間、全シーズンのオープニングを飾っており、ファンにとってはアイコニックな場面のひとつとなっている。

View this post on Instagram

Revisiting a beloved character. Briefly and with a twist. Because, thanks to @stellaartois, when you change up the usual you can do good. X, SJ #Ad #PourItForward

SJPさん(@sarahjessicaparker)がシェアした投稿 -

今回サラ演じるキャリーが登場したのは、ビールメーカー「ステラ アルトワ」のCM。チュチュに代わってグリーンのチュールスカートを着こなすなど、ファッションセンスは健在! おなじみの曲とともに見事なカムバックを果たした。

サラ本人もさっそくこの動画をインスタグラムに公開し、「キャリーが帰ってきたわ」と嬉しそうにコメントしている。

Photo:Getty Images

ドラマの大ヒットを受けて人気を集めた『SATC』のキャストたち。当時は撮影の合間に笑顔を見せたり、イベントに揃って出席したりするなど仲の良さが報じられていた。

しかし、映画化の話が進むにつれ、サラとサマンサ役のキム・キャトラル(62)との間に不仲説が浮上。ふたりは否定していたものの、その後もゴシップは絶えなかった。

Photo:Getty Images

そんな中、昨年2月にキムの弟クリストファー(享年55)が亡くなると、キムはコメントを贈ったサラを名指しで批判。絶縁宣言ともとれる内容から、ふたりの関係はもはや修復不可能といわれている。

キャスト同士の不仲に加え、映画の続編制作の中止も発表されている『SATC』。わずかながらも復活を果たしたキャリーは、きっとファンを喜ばせたはず。次はどんなコラボレーションが登場するか期待したい!

サラ・ジェシカ・パーカー、絶縁状をつきつけられてもキムとの確執は完全否定!(外部サイト)

『SATC』続編の制作がキャンセルに! 原因はサマンサの「とんでもない要求」⁉︎(外部サイト)

text:Kyoko Kawaguchi

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • サラ・ジェシカ・パーカー、『SATC』のオープニングシーンを約20年ぶりに再現!
PICK UP記事 - SPUR.JP -