MAGAZINE

ヴィクトリア・ベッカム、夫デヴィッドにささげたタトゥーがついに消える!

2018年12月10日(現地時間)、ロンドンで行われたブリティッシュ・ファッション・アワードに出席したヴィクトリア・ベッカム(44)。夫デヴィッド(43)、長男ブルックリン(19)とともに、久々のスリーショットを披露!

Photo:Getty Images

このとき注目されたのが、ヴィクトリアが首の後ろから背中にかけて入れているタトゥー。ヘブライ語で「私は愛する人のもので、愛する人は私のもの」と綴られており、夫デヴィッドへの愛を誓ったタトゥーとして知られている。

2007年/Photo:Getty Images

しかし、数年前からこのタトゥーを消し始めたヴィクトリア。2007年のアカデミー賞授賞式のアフターパーティではくっきりと刻まれていたタトゥーも、2016年のカンヌ映画祭では目立たないほどに。今回はさらに薄くなっており、どうやらタトゥーの除去に成功した模様。

2016年/Photo:Getty Images

2018年/Photo:Getty Images

そんなヴィクトリアに対し、タトゥーが増え続ける一方のデヴィッド。1999年にブルックリンの誕生を記念して入れたのをきっかけに、いつしかその数は50個以上に! 最近ではヴィクトリアに止められるほどだとか。

Photo:Instagram(@davidbeckham)

デヴィッドのタトゥーと言えば、家族にちなんだものが多いことで有名。とりわけハーパーちゃん(7)への愛は別格で、4歳の誕生日には「プリティ レディ ハーパー」と見ているこちらが恥ずかしくなるようなタトゥーを入れたことも。さらに、手のひらにはハーパーちゃんが描いたイラストも彫られている。

Photo:Instagram(@davidbeckham)

Photo:Instagram(@davidbeckham)

タトゥーに対する意見が正反対のヴィクトリアとデヴィッド。今年は離婚説も報じられ、ヴィクトリアのタトゥーのようにふたりの愛も消えてしまったのでは?と心配する声が続出した。

しかし、ブリテッシュ・ファッション・アワードでは手をつないで登場するなど、これまでと変わらない夫婦愛をアピール! その姿にファンもほっとしたに違いない。

家族愛が炸裂! ブルックリンがヴィクトリアのためにタトゥーを入れる(外部サイト)

text:Kyoko Kawaguchi

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • ヴィクトリア・ベッカム、夫デヴィッドにささげたタトゥーがついに消える!
PICK UP記事 - SPUR.JP -