MAGAZINE

英キャサリン妃、ルイ王子を出産後初の公務へ! 庶民的な一面が話題に

SPUR Eye
2年前にも着用していたザラのパンツが、ここでも大活躍! 一方、アフリカを訪れているウィリアム王子。滞在中に発した心温まるジョークに注目。


2018年10月2日(現地時間)、今年4月に第3子のルイ王子(0)を出産して以来、育休中だったキャサリン妃(36)が、約半年ぶりに公務に復帰した。

Photo:Getty Images

キャサリン妃が訪れたのは、ロンドンから南西に下ったユーハーストにあるセイヤーズ・クロフト・フォレスト・スクール。都会で育った子どもたちに様々なアクティビティを通して自然の世界を知ってもらうという公共施設で、昨年だけで5,000人以上が訪れているという。

この日キャサリン妃は、野外活動に合わせてカジュアルなアウトドアルックで登場。ジャケットとニットをグリーン、パンツとブーツをブラウンで統一した。このパンツは、2年前にも着用していたザラのもの。ブーツにいたってはなんと14年前から愛用しているもので、庶民的かつ着回し上手な一面をのぞかせた。

Photo:Getty Images

現地に到着するやいなや、子どもたちから歓迎を受けたキャサリン妃。ふたりの女の子が嬉しさのあまり、キャサリン妃に抱きつくという微笑ましい一幕も。その後も子どもたちと一緒に森を歩き、楽しい時間を過ごしたという。

一方、ウィリアム王子(36)はというと、9月末からアフリカのナミビアに滞在。今回の訪問では、サイなどの野生動物の保護や農村開発に携わるプロジェクトに参加している。

滞在中のインタビューで、家族について聞かれたウィリアム王子は「妻は一緒に来られなくてすごく嫉妬しているよ」とキャサリン妃が来たがっていたことを明かしつつ、「でも僕はこのツアーを楽しみにしていたんだ。ここ最近、可愛い子どもたちのおかげであまり寝られていなかったから、やっとぐっすり眠れると思ってね」とジョークをいい、周囲を笑わせた。

Photo:Getty Images

今やジョージ王子(5)、シャーロット王女(3)、ルイ王子と3人の子宝に恵まれた、キャサリン妃とウィリアム王子。今回はそれぞれ単独公務となったが、またファミリーフォトを公開してくれることに期待したい!

見ているだけで笑顔に! ウィリアム王子&キャサリン妃一家のファミリーフォトを振り返る(外部サイト)

英王室ルイ王子の洗礼式に、ウィリアム王子一家をはじめロイヤルメンバーが集結(外部サイト)

text:Kyoko Kawaguchi

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -