MAGAZINE

英メーガン妃はジバンシィがお好き!? お気に入りブランドに身を包んでソロ公務デビュー

SPUR Eye
メーガン妃のある行動が、「ロイヤルの慣習を破った!?」と話題に!


2018年9月25日(現地時間)、メーガン妃(37)がついに単独公務デビューを果たした。

ロンドンにあるロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの展覧会「オセアニア」のオープニングイベントに、英王室の一員として単独で出席したメーガン妃。これまで、ヘンリー王子(34)やエリザベス女王(92)らとともに公務をこなしてきた彼女にとって、この日が初めてのソロ公務となった。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

メーガン妃はこの日、袖がシアー素材のタイトなブラックワンピースに身を包んで登場。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

クラッチバッグとワンピースはジバンシィのもので、パンプスにはメーガン妃お馴染みのシューズブランド、アクアズーラのドヌーヴパンプスをチョイスした。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

ウェディングドレスを手がけたジバンシィは、メーガン妃のお気に入りブランドのひとつ。今回に限らず公務の際には、同ブランドのアイテムをよく着用している。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

6月14日(現地時間)、エリザベス女王との初公務では、ジバンシィのケープ付きドレスを着用。細身のペンシルラインが、メーガン妃のすらっとしたスタイルを際立たせている。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

続いて6月19日(現地時間)に開催された競馬界と社交界による最大のイベント「ロイヤルアスコット」でも、同じくジバンシィの白いシャツドレスを着て出席していた。

そして、今回のソロ公務ではメーガン妃のある行動が、「ロイヤルの慣習を破った!?」と話題に。

展覧会の会場に到着すると、乗ってきた車のドアを自分で閉めたメーガン妃。

すると、「公務中のプリンセスが、車のドアを自分で閉めるなんて、初めて見たかもしれない」と世界中で話題に。「メーガン妃はなんてつつましいの!」など、親しみやすさあふれるメーガン妃の行動に、賞賛の声が寄せられた。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

英国放送協会「BBC」によると、英王室の人々が自分でドアを開け閉めしないのは、「ロイヤルの慣習」ではなく、セキュリティ上の理由からなのだとか。そのため、今回のメーガン妃のように自分でドアを閉めたからといって、「ロイヤルの慣習を破った」わけではないとのこと。

それにしても、ドアの開け閉めひとつで大ニュースになるメーガン妃。世界からの注目度の高さがうかがい知れる。

来月10月には、初の海外公式訪問、ロイヤルツアーを控えているメーガン妃&ヘンリー王子。 16日間に及ぶツアーの中で、オーストラリア、フィジー共和国、トンガ、ニュージーランドの各地を巡る予定だという。次はどんな話題を振りまいてくれるのか、期待は高まるばかり!

>>メーガン妃がストレートヘアにチェンジ。話題のツヤ髪のケア方法は?

>>メーガン・マークルが人知れず打ち破ってきたロイヤルファミリーの「常識」とは?

>>プラダを着たメーガン妃が式典に登場! 彼女らしさが光る「公務ファッション」を披露

>>キャサリン妃派? メーガン派? 気になるふたりのロイヤルファッション対決

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • 英メーガン妃はジバンシィがお好き!? お気に入りブランドに身を包んでソロ公務デビュー
PICK UP記事 - SPUR.JP -