MAGAZINE

英メーガン妃、初の単独公務は料理本の出版! テニス界の女王セリーナ・ウィリアムズも絶賛

SPUR Eye
長年の友人セリーナがメーガン妃に贈ったメッセージとは?


2018年9月17日(現地時間)、ケンジントン宮殿がメーガン妃(37)の支援した料理本が出版されることを発表。彼女にとって初の単独公務ということで、世界中から注目が集まっている。

Photo:Getty Images

料理本『Together:Our Community Cookbook』は、2017年6月にロンドンのグレンフェル・タワーで起きた火災の被害者によるコミュニティ「ザ ハブ コミュニティ キッチン」のメンバーである女性たちが中心となって作ったもの。様々な国の料理をもとに50種類以上のレシピが収められており、イギリス国内では9月20日(現地時間)に発売される。

今年1月にこのコミュニティにお忍びで訪れた際、料理本のサポートを行うことを心に決めたというメーガン妃。美味しい料理を作ることで、家族や近所の人々との絆を深め、傷ついた心を癒し、少しずつ前に進んでいくことを願う女性たちに感銘を受けたそう。

今回、メーガン妃はこの本の序文を執筆。ときに笑い、ときに悲しみながらも一緒に料理を作る女性たちを見て、すぐにこのコミュニティに心が惹かれたこと、また食を通して感情を分かち合うことの大切さなどが綴られている。

また料理本の出版には、「この本が多くの人々のもとに届くことで、コミュニティの活動がより広く知れ渡ってほしい」というメーガン妃の思いが込められているという。本の収益金は、コミュニティに寄付される予定。

Photo:Getty Images

メーガン妃の初の単独公務には、彼女の長年の友人として知られ、今月行われた全米オープンで世界を沸かせたテニス選手セリーナ・ウィリアムズ(36)も祝福! 料理本の出版が公表されるやいなや、自身のインスタグラムに「とても興奮してるし、誇らしく思っているわ」と喜びを伝えている。

Photo:Getty Images

発売前にして、すでにランキングのトップを入っているこの料理本。婚約後に初めてヘンリー王子(34)からプレゼントされたものがエプロンというエピソードを持つほど、料理好きで有名なメーガン妃。まさにぴったりの初単独公務となったに違いない。

【SPUR】ヘンリー王子&メーガン妃、クルーニー夫妻の別荘を訪問! とっておきの「おもてなし」とは?(外部サイト)

【SPUR】セリーナ・ウィリアムズVS大坂なおみ、全米オープンテニス2018決勝戦をプレイバック!(外部サイト)

text:Kyoko kawaguchi

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • 英メーガン妃、初の単独公務は料理本の出版! テニス界の女王セリーナ・ウィリアムズも絶賛
PICK UP記事 - SPUR.JP -