MAGAZINE

母を失ったファンのために、コンサートを中断したピンク。「天国からのハグ」に世界中が涙

SPUR Eye
ファンが告白したピンクの「神対応」に、ファンたちから感動の声が続出。少女が掲げたプラカードの言葉に、涙すること必至。


最新アルバム『Beautiful Trauma』のコンサートツアーを行っている歌手のピンク(38)が、あるファンのためにコンサートを中断! 会場がどよめくなか、ピンクが駆け寄ってハグをした相手は14歳の少女。そんな彼女の手には、悲しみを綴ったプラカードが掲げられていた。

Photo : Facebook (Donkin Katrina)
Photo : Facebook (Donkin Katrina)

2018年8月20日(現地時間)、オーストラリアの都市ブリスベンでコンサートを開催したピンク。満席の会場を沸かせるなか、突然客席を凝視し「あれ何?」とつぶやいたそう。すると次の瞬間、セットリストを中断。ステージを駆け下りあるファンのもとへ向かうと、熱いハグを交わしたのだ。

Photo : Facebook (Donkin Katrina)
Photo : Facebook (Donkin Katrina)

後の取材でそのファンは、オーストラリア在住の少女、レア・マーフィーであることが明らかに。レアの叔母であるカトリーナ・ドンキンは『TODAY.com』のインタビューに応え、ふたりのハグに隠された秘話を明かした。

かねてからピンクの大ファンで、この日を心待ちにしていたという14歳のレア。同じくピンクのファンである母デビーとふたりでコンサートを訪れる予定だった。しかしコンサート当日も間近に迫った今年6月、母が急死してしまう。

Photo : Instagram (leah.m.m)
Photo : Instagram (leah.m.m)
それでもコンサートを訪問することを諦めなかったレア。最愛の母を失った悲しみをピンクに癒されたいという思いからプラカードを自作し、カトリーナや友人たちとともに会場へ。

プラカードには「私の名前はレア、年齢は14歳。先日、美しい母を失いました。ハグをもらえたら嬉しいです。お願いします!」と綴り、コンサート中終始、掲げていたそう。
Photo : Instagram ()
Photo : Instagram (leah.m.m)

強い想いが伝わってか、プラカードに気づいたピンクから念願のハグを受けたレア。さらに言葉を交わし、セルフィー撮影にも成功! まるで奇跡のような出来事の一部始終を、米版『Yahoo!』に明かした。

「号泣していたら、ピンクが『泣かないで。あなた、すごくかわいい。大丈夫、すべてうまくいくわ』と声をかけてくれたの。とても優しくて、愛に溢れた人だったわ」

Photo :
Photo : Instagram (leah.m.m)

レアの父も同インタビューで、「ピンクの行動が、僕たち一家をとても励ましてくれた」と回答。さらに叔母カトリーナはSNSで、ピンクからのハグを「天国からのハグ」と称し、「ピンク、ハグとセルフィーをありがとう。レアはあれからずっと笑顔で、スキップしたり踊ったりしているわ」という感謝の言葉を発信した。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

最愛の母を失った少女の心を癒しただけでなく、世界中を感動で包み込んだピンク。そんな内面の美しさこそが、長年第一線で活躍し続ける人気の理由なのかもしれない。

>>歌手ピンク、「一度にたくさんの男の子と付き合いたい」という娘の衝撃発言に返した言葉がお見事!

>>「老けている」とバッシングを受け、ピンク激怒! ツイッターでの華麗な反撃で、好感度うなぎのぼり

text : Ayano Nakanishi

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • 母を失ったファンのために、コンサートを中断したピンク。「天国からのハグ」に世界中が涙
PICK UP記事 - SPUR.JP -