MAGAZINE

テイラー・スウィフトのコンサートに、元カレの仲間がサプライズ出演! 豪華すぎるゲストでテイラー旋風を巻き起こす

SPUR Eye
セレーナ・ゴメスやショーン・メンデスに続き、サプライズゲストとして登場したのはあのイケメン! また観客席には、ベッカム家の末娘ハーパーちゃんの姿も。


2018年5月8日(現地時間)に開幕した『レピュテーション』スタジアム・ツアーで、世界中を席巻している歌手のテイラー・スウィフト。現在イギリスで行われている彼女のコンサートに連日、豪華ゲスト&セレブ仲間たちが大集結。ロビー・ウィリアムス、アデル、J・K・ローリング、ベッカム家の末娘・ハーパーちゃんなどの錚々たるメンバーのなかには、なんとテイラーの元カレの仲間も!

6月22日(現地時間)、ロンドンのウェンブリー・スタジアムにてコンサートを行ったテイラー。ステージにあるゲストが登場すると、観客席からは大きな声援が。その人物は、イギリス出身のボーイズグループ「ワン・ダイレクション」のメンバーで、現在はソロ活動中のナイル・ホーラン!

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

テイラーとともに自身のヒット曲『Slow Hands』を熱唱し、観客を沸かせたナイル。人気スターのまさかのサプライズ出演に、SNSでは喜びのツイートが続出。「テイラーとナイルが一緒に歌ってる! 最高のショーだわ」「まだ興奮状態よ!」というコメントとともに、ふたりが共演する動画が続々とアップされた。

コンサートの終了後、テイラーはナイルとのツーショットをインスタグラムで公開。「ウェンブリー・スタジアムにて、ナイル・ホーランとのサウンドチェック。みんなを驚かせてくれて、ありがとう!」というメッセージを添え、感謝の気持ちを表現した。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

パフォーマンス終了後には熱いハグを交わし、親交の深さをうかがわせたテイラー&ナイル。そんなふたりには世界的人気を誇るアーティストという以外にも、ある共通点が。それは、テイラーの元恋人でナイルと同じくワン・ダイレクションのメンバー、ハリー・スタイルズ。

短期間の交際ののち2013年に破局するとテイラーはハリーとの交際を、自身の曲『Out Of The Woods』、『Style』などで表現。歌詞からはテイラーにとって辛い恋愛だったように思われるが、ナイルとはその後も交友関係をキープしている様子!?

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

そして同日、テイラーとナイルのスペシャルパフォーマンスを観客席から見守っていたのが、ベッカム家の末娘ハーパーちゃん。両親であるデヴィッド&ヴィクトリア夫妻はともに、テイラーのコンサートを夢中で鑑賞する愛娘の姿をインスタグラムで公開した。

Photo : Instagram (victoriabeckham)
Photo : Instagram (victoriabeckham)

ヴィクトリアの「彼女はテイラーのことが大好き♡」というコメントの通り、両親たちのカメラには目もくれず、夢中でテイラーへ手を振るしぐさがとってもキュート!

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

さらに翌日の6月23日(現地時間)には、テイク・ザットの元メンバーで歌手のロビー・ウィリアムスがサプライズ出演。1997年にヒットを記録した『Angels』をデュエットし、ぴったりと息のあったパフォーマンスでファンたちを魅了。

そしてこの日、テイラーのインスタグラムから、歌手のアデル&『ハリー・ポッター』シリーズの著者J・K・ローリングもコンサートを訪れていたことが明らかに。ビッグネームふたりも駆けつけるテイラーの人気ぶりは、さすが!

幅広い人脈の持ち主で、過去のツアーでも豪華なゲストが話題を集めてきたテイラーだが、今回のツアーではゲストメンバーがさらにグレードアップ!

これまでに登場したセレーナ・ゴメス、カミラ・カベロ、チャーリーXCX、ショーン・メンデスらスターに続く、今後のサプライズゲストに注目したい。

>>ワールドツアーを開幕させたテイラー・スウィフト、恋人のためにラブソングを熱唱

>>テイラー・スウィフトが「ビルボード・ミュージック・アワード2018」で2部門を受賞&女性アーティストを称賛

text : Ayano Nakanishi

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • テイラー・スウィフトのコンサートに、元カレの仲間がサプライズ出演! 豪華すぎるゲストでテイラー旋風を巻き起こす
PICK UP記事 - SPUR.JP -