MAGAZINE

メーガン妃「ロイヤルアスコット」初参加! ジバンシィのドレスで華々しいデビューを飾る

SPUR Eye
厳しいドレスコードを守り、爽やかな白のシャツドレスで登場! 気品溢れる美しい姿で、会場の注目を独占。


競馬界と社交界による最大のイベントとして知られる「ロイヤルアスコット」が、2018年6月19日(現地時間)に開幕。毎年エリザベス女王やウィリアム王子&キャサリン妃夫妻らロイヤルファミリーが参加する本イベントに、夫のヘンリー王子とともに初参加を果たしたメーガン妃。ジバンシィの白いシャツドレス姿で、華々しいデビューを飾った。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

5月19日の挙式からちょうど1ヶ月後にあたるこの日、夫であるヘンリー王子とともに「ロイヤルアスコット」へ参加したメーガン妃。

レース前の開会式では、ヘンリー王子と叔父にあたるエドワード王子&妻ソフィー妃とともに、馬車に乗って登場。観客へ向けて美しい笑顔を振りまく姿に、思わずため息がこぼれる。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

ハットかヘッドピースの着用、ドレスやスカートはひざ下丈という厳しいドレスコードが決められている本イベントでメーガン妃が選んだのは前回の公務に続き、ジバンシィの白いシャツドレス。同ブランドの黒いベルト、シューズ、クラッチバッグを合わせ、モノトーンのシックなスタイリングに。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

清楚なスタイリングで会場の注目を独占したメーガン妃だが、人々の視線はその胸元に集中。王室メンバーのほとんどが、ロイヤルボックスに入るためのネームバッジを身につけるなか、メーガン妃の胸元にはそれが見当たらないのだ。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

ひとりだけ授与されていないのでは?という声があがったものの、メーガン妃の手元に発見。エリザベス女王もバッジはつけない派として知られており、女王のスタイルに倣ったのかも?

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

モノトーンのメーガン妃に対し、エリザベス女王はイエローのスーツドレスでお目立ち。水色をさし色に加え、初夏らしいカラーリングがなんとも爽やか。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

この日のレース「セントジェームズパレスステークス」ではイタリア出身の名ジョッキー、ランフランコ・デットーリ騎手への優勝トロフィー授与という大役にも挑んだメーガン妃。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

するとデットーリ騎手はメーガン妃の手をとり、手の甲にキス! そんなサプライズ演出に、メーガン妃の顔にも満面の笑みが。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

会場では腕を組んだり、手をつないだりと、常に寄り添い合っていたヘンリー王子&メーガン妃。結婚から1ヶ月が経過した今も、ラブラブ度は軽減するどころか、ますますパワーアップしている様子!

Photo : Getty Images
2016年に参加した夫妻。Photo : Getty Images

なお今年、ウィリアム王子&キャサリン妃は出産休暇中のため不参加。来年こそは、美しいプリンセスふたりの共演に期待したい!

>>エリザベス女王とメーガン妃が、ふたりで笑顔の初公務!

>>エリザベス女王もにっこり。メーガンの品格ロイヤルネイル

>>祝・英王室のヘンリー王子とメーガン・マークルが結婚! 前代未聞の式典から、豪華セレブの参列者までお届け

text : Ayano Nakanishi

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • メーガン妃「ロイヤルアスコット」初参加! ジバンシィのドレスで華々しいデビューを飾る
PICK UP記事 - SPUR.JP -