MAGAZINE

メーガン・マークルの父、結婚式への出席は絶望的! 式目前に心臓手術を受ける

SPUR Eye
バージンロードを歩く予定だった父トーマスが、結婚式を目前に緊急手術! 結婚式への不参加を明らかに。


2018年5月19日にヘンリー王子との結婚式を控えるメーガン・マークルの父親が、心臓手術を受けていたことが明らかに。現在も入院中で、式への出席は絶望的だと報じられた。

Photo : Instagram (usweekly)
Photo : Instagram (usweekly)

メーガンの父トーマス・マークルは5月14日(現地時間、以下同)、心臓発作に見舞われ入院していたことを、米ゴシップサイト『TMZ』に告白。娘とともにバージンロードを歩くため、早期退院したと語っていた。

しかしその翌日の5月15日、事態は急展開。医師に手術をする必要があると診断されたため、メーガンの結婚式への参加を辞退したのだ。そして16日には同サイトに対し、無事手術を終えたことを報告。現在も入院中のため、出席は絶望的であることを明らかにした。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

つい先日、結婚式に向けて準備を行う写真が原因で、世界中から批判を浴びていたトーマス。インターネットカフェでメーガン&ヘンリー王子の写真に見入る様子や、結婚式用と思われるスーツの採寸を行う写真が、すべてパパラッチと組んだ“やらせ”であることが暴露されてしまったのだ。

一見、結婚式のために準備を行う様子を写したように見えるこれらの写真。しかし『Mail on Sunday』の調査によって、トーマスがカメラマンを引き連れて行動していたこと、パパラッチと写真の撮り方を相談していたことが発覚した。

そんなトーマスの行動に、英国民は激怒。母であるダイアナ元妃をパパラッチによる追跡事故で亡くした経験を持つヘンリー王子は以前、メーガンの家族のプライバシーを尊重するよう、パパラッチに厳重な注意を行っていた。そんな経緯もあり、トーマスを非難する声が続出。

暴露記事が報道された直後、メーガンの異母姉サマンサが声明を発表。やらせ写真は自分のアイデアであったこと、さらに目的は金銭ではなく、娘に対するトーマスの愛情を世間にアピールするためだったと釈明した。トーマスも自身の行動を後悔していると明かし、メーガンやロイヤルファミリーのメンバーに恥をかかせたくないと思い、心臓発作を起こし体調の不安があることを理由に、出席を辞退すると語っていた。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

しかし翌日トーマスは、メーガン本人から説得され、式に出席する意向を表明。メーガンからのメールには写真の捏造に対して怒っていないこと、また体調を心配する様子が綴られていたといい、「娘と一緒にバージンロードを歩けないなんて、嫌だと思った」と、心境の変化を説明していた。そんな矢先の出来事に、本人もメーガンも落胆しているはず。

結婚式を目前に、立て続けにトラブルに見舞われてしまったメーガン。父の出席が絶望的となってしまった今、果たして誰とバージンロードを歩くのか? 無事、結婚式を迎えられることを祈るばかり。

>>メーガン・マークルが人知れず打ち破ってきたロイヤルファミリーの「常識」とは?

>>没後20年を迎えたダイアナ元妃の、美しきファミリーショットを振り返る

>>大物司会者ラリー・キング、メーガン・マークルとダイアナ元妃の共通点を明かす

text : Ayano Nakanishi

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • メーガン・マークルの父、結婚式への出席は絶望的! 式目前に心臓手術を受ける
PICK UP記事 - SPUR.JP -