MAGAZINE

花嫁の介添人はあえてナシ! ヘンリー王子&メーガンのロイヤル婚、最新情報をまとめてお届け

SPUR Eye
新郎新婦の初ダンスに使用されるのは、ホイットニー・ヒューストンのあの名曲!


5月19日(現地時間)に行われるヘンリー王子とメーガン・マークルのロイヤルウェディング。挙式までいよいよ2週間を切った今、メーガンのウェディングドレスや式の演出など、メディアの報道はヒートアップ中。日々アップデートされる情報の中から今回は王室が公式発表した情報をお届け。これを読めば、ロイヤルウェディングの予習はバッチリ!



花嫁の介添人「メイド・オブ・オナー」はあえてナシ!

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

花嫁の友人や姉妹の中から、代表して1人選出されるメイド・オブ・オナー(=介添人)。以前から誰が務めるのか注目されていたが現地時間の5月4日、メーガンは介添え人をつけないことを公式発表。どうやらメーガン、招待客リストにある友人たちとはみんな甲乙つけがたいほどに仲がよく「親友たちの中から1人選ぶなんて、私にはできない!」との判断に至ったようだ。

初ダンスは、ホイットニー・ヒューストンの名曲にあわせて

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

ウェディングパーティでは新郎新婦のダンスタイムが用意されているようで、ふたりの記念すべき初ダンスには、ホイットニー・ヒューストンの名曲『I Wanna Dance with Somebody (Who Loves Me)』が使用されることが判明。ウェディングのプレイリストを作るにあたって、ヘンリー王子とメーガンは近しい友人たちに楽しくてノリのいい楽曲についてアイディアを聞いて回っていたとか。

ダイアナ元妃の姉・弟たちが揃って列席!

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

ヘンリー王子の母親、故ダイアナ元妃には2人の姉と弟がいるが(兄もいるが生まれてすぐに他界している)、ヘンリー王子たっての希望で、式にはダイアナ元妃の姉と弟が3人とも出席するそう。次女、ジェーン・フェローズは式の中で詩の朗読をする予定。

ヴァージンロードは誰と歩く?

Photo : Getty Images
Photo:Getty Images
式ではメーガンの両親にも大きな役目が。式が執り行われるウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂までメーガンを送り届ける役目は母親のドリアさんが、礼拝堂に到着後メーガンとともにヴァージンロードを歩くのは、父親のトーマスさんが務める予定となっている。「この喜ばしい日を両親と一緒に迎えられることを、メーガンは嬉しく思っています」とイギリス王室は伝えている。また、メーガンの両親は式の数日前からイギリスに滞在し、エリザベス女王やフィリップ殿下はじめ、ロイヤルファミリーと一緒に過ごすと見られる。ちなみにヘンリー王子とメーガンの父親はまだ直接会ったことがないそうで、式の数日前のタイミングで初めて顔合わせをすることになるという。

ロイヤルウェディング当日の流れ

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

最後に、ロイヤルウェディング当日の流れをおさらい。結婚式が開かれるのは、5月19日午後12時から英国ウィンザー城にある聖ジョージ礼拝堂にて。式にはロイヤルファミリーとメーガンの家族をはじめ、約600人のゲストが招待されている。式の後には、披露宴が2度予定されており、1回目はウィンザー城の敷地内にある聖ジョージ・ホールでエリザベス女王主催のフォーマルなランチレセプションが、そして2回目はゲストを200人程度にしぼり、親しい友人や両家の家族に向けた披露宴がウィンザー城からほど近い離宮、フロッグモアハウスで開かれる予定だ。式への出席者について王室は明かしていないが、ヘンリー王子と親交のあるスパイス・ガールズのメンバーやエルトン・ジョンなど、セレブリティの列席が予想されており、荘厳かつ華やかなロイヤル婚になることは間違いなさそう。式がスタートするのは日本時間で5月19日(土)午後9時から。注目してみて。


>>メーガン・マークルが人知れず打ち破ってきたロイヤルファミリーの「常識」とは?

>>ヘンリー王子、ウィリアム王子に「ひざまずいて」結婚式の介添人を依頼!?

>>キャサリン妃派? メーガン派? 気になるふたりのロイヤルファッション対決

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • 花嫁の介添人はあえてナシ! ヘンリー王子&メーガンのロイヤル婚、最新情報をまとめてお届け
PICK UP記事 - SPUR.JP -