MAGAZINE

サラ・ジェシカ・パーカー、初となるブライダル・コレクションをお披露目!

SPUR Eye
セレブ界きってのファッショニスタが、ウェディングドレスをプロデュース。伝統の殻を破った斬新なデザインに、世界中が注目!


女優のサラ・ジェシカ・パーカーが、初となるブライダル・コレクションをお披露目! セレブ界きってのファッショニスタがプロデュースを手がけるドレスの数々に、世界中のファンから熱い視線が集中している。

サラ・ジェシカは2018年4月24日(現地時間)、「SJP・バイ・サラ・ジェシカ・パーカー ブライダル・コレクション」をローンチ。今回のプロデュースは、オンラインファッションサイト「ギルト」との提携で実現。2018年の春コレクションでは、10種類のウェディングドレスを発表した。

自身のブランド「SJP・バイ・サラ・ジェシカ・パーカー」を持ち、女優業と並行してデザイナーとしても大活躍中のサラ・ジェシカ。ブライダル業界への進出について、声明文で喜びを明かした。

「『ギルト』とのコラボレーションは、私にとってまたとない機会でした。チームのメンバーはとても優秀で、自由に創造させてくれたほか、リスクを承知で、私の非伝統的なドレスデザインを受け入れてくれました。色や生地を扱うことや、様々な花嫁をイメージしながらユニークなドレスを考えるのは、とても楽しい経験でした」

映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』のワンシーンより。Photo : Getty Images
映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』のワンシーンより。Photo : Getty Images

自身のウェディングでは黒いドレスを着用して、世間をアッと驚かせたサラ・ジェシカ。そんな彼女のユニークなセンスから生まれたドレスは、ジャンプスーツやボディスーツなど、従来の概念では考えられないアイテムのほか、クラシカルなガウン、カクテルスーツなど、バラエティに富んだラインナップ。それぞれ白、黒、ピンク、赤、グレー、ブルーというカラーバリエーションから選べるというのも、自由な思想を持つサラ・ジェシカらしい!

ドレスは200ドル台からと、リーズナブルな価格帯。さらにドレスにマッチする15種類のシューズも展開しており、靴好きのサラ・ジェシカらしいこだわりが光るデザインは必見。サラ・ジェシカのブライダル・コレクションで全身をコーディネートした花嫁が、世界中で続出しそうな予感!?

>>結婚20周年を迎えたサラ・ジェシカ、夫マシュー・ブロデリックとの円満の秘訣は遠距離!

>>次世代のキャリー? サラ・ジェシカ・パーカーの双子の娘、ママの古着を着こなす

text : Ayano Nakanishi

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • サラ・ジェシカ・パーカー、初となるブライダル・コレクションをお披露目!
PICK UP記事 - SPUR.JP -