MAGAZINE

世界的DJアヴィーチーが28歳の若さで死去。マドンナやゼッドら多くのセレブから追悼メッセージが寄せられる

SPUR Eye
世界中を悲しみで包んだ、アヴィーチーの死。最も稼ぐDJランキングの常連であった彼に、一体何が!?


スウェーデン出身のDJ&音楽プロデューサーのアヴィーチー(本名:ティム・バーグリング)が、2018年4月20日(現地時間)、滞在先のオマーンで死去。ネットには、才能溢れるDJの早すぎる死を悔やむ声が続出。多くのセレブやアーティスト仲間からも、追悼メッセージが寄せられた。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

EDM界で活躍していたDJのアヴィーチーは、2011年にリリースした『レヴェルズ』のヒットを受け、ジャンルを超えた人気を博す。その後2013年にリリースした『ウェイク・ミー・アップ』がビルボードのホット100の4位にランクインするという、爆発的ヒットを記録。世界的DJとして名を馳せるように。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

しかしDJとして人気絶頂にあった2016年、26歳という若さで突如、ツアーから引退することを宣言。その後アヴィーチーは、健康上の問題でラスベガス公演を含む、すべてのコンサートをキャンセル。ファンたちからは心配の声が挙がるも、スタジオでの音楽制作は継続。亡くなるひと月前にもスタジオでの収録光景をインスタグラムで発信しており、新曲リリースが期待されていた。

Studiomode ????

Aviciiさん(@avicii)がシェアした投稿 -

訃報が流れた4月20日(現地時間)、アヴィーチーの広報は声明を発表。「深い悲しみとともに、アヴィーチーことティム・バーグリングの死をお知らせします。4月20日の午後、オマーンの首都マスカットで彼の死体が発見されました。家族は悲しみに打ちひしがれています。困難な時期にある彼らのプライバシーを尊重していただけると助かります」。死因については明かさず、「今後、声明は一切発表しません」と締めくくった。

世界中のファンから悲しみの声が続出するなか、彼のアーティスト仲間もSNSで追悼メッセージを発信。DJ仲間であるカルヴィン・ハリスやゼッド、ワン・ダイレクションのリアム・ペイン、マドンナなど、多くのセレブたちが、才能あるDJの早すぎる死を悼んだ。

「アヴィーチーのニュースに動揺している。彼は美しい魂を持ち、情熱的で、才能に溢れ、今後もっと多くのことを成し遂げる人物だった」

−カルヴィン・ハリス

「アヴィーチーの報道を聞いて、今感じている悲しみを表す言葉が見つからない」

−ゼッド

So Sad....... So Tragic. Good Bye Dear Sweet Tim. ???? Gone too Soon. #avicii

Madonnaさん(@madonna)がシェアした投稿 -

「とても悲しい。悲劇だわ。愛しのティム、さようなら。早すぎたわ」

−マドンナ

「僕の音楽がいつかこんな音色になったらと開眼させられた人物に、敬意を払いたい。アヴィーチーは天才で、音楽界の革新者だ。彼がいなくなったなんて、信じられない」

−チャーリー・プース

「アヴィーチーの死に、心が張り裂けそうだ。悲しすぎる、そして若すぎる。彼は才能そのものだった」

−リアム・ペイン

The remix I did of Levels hasn’t left my set since I made it back in 2011. All though we weren’t “close friends” I feel this deep sadness through the connection we had through this song. Tim was a truly a genius and an innovator, yet sensitive and humble. This industry can be rough and from a far I saw it take a tole on him. I just wish I could have hugged him more and told him it would be okay .You’re music will forever be apart of mine and so many other lives. Maybe that’s the closest thing we have to immortality. I really hope you’re essence , wherever it may be in the universe is now at peace. And if in some miracle you can see this , I hope you know that as long as human beings are alive on this planet , you will forever remain an inspiration. Thank you Tim. RIP

SKRILLEXさん(@skrillex)がシェアした投稿 -

「君の『レヴェルズ』のリミックスを2011年に作ってから、1度も僕のセットから外れたことはない。僕たちは“親友”ではなかったけれど、この曲を介して繋がっていたし、僕は今、とても深い悲しみを感じている。ティムは正真正銘の天才で革新者であると同時に、とても繊細でつつましい人物だった。この業界はときに粗野で、それが彼の損失につながったんだと思う。彼をハグし、何も問題ないと伝えてあげたかった。君の音楽はこれからも永遠に、僕の音楽の一部であり続け、多くの人の心に生き続ける。きっとそれが、不滅に一番近い形なんじゃないかな。宇宙のどこかにある君の魂が、平穏に包まれていることを願っているよ。そしてもし奇跡的にこのメッセージを見ることができたなら、地球上に人類が生息する限り、君は永遠のインスピレーションであり続けると知って欲しい。ありがとう、ティム」

−スクリレックス

「ティム、安らかに眠ってください。君は素晴らしい作曲家で、穏やかな精神の持ち主だった。アヴィーチーとともに音楽を作れたことを、一生忘れない」

−アダム・ランバート

「アヴィーチー、あなたは私たち多くの人間にインスピレーションを与えてくれた。できれば、面と向かって伝えたかった」

−エリー・ゴールディング

「言葉が見つからない。『Lonely Together』を一緒に作れたことは、素晴らしい経験だった。あなたと会話したことを、まるで昨日のように感じている」

−リタ・オラ

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

生前、ツアーを引退する理由について「長い間感じていた苦悩から抜け出すためにも、変化しないといけないんだ」と語っていたアヴィーチー。「僕の選択やキャリアは決して、物欲のためではなかった。成功したことで得た機会や快適さには、とても感謝しているけどね。世界中を旅しながらパフォーマンスできるのは、ありがたいことさ。でもアーティストではない、いち人間としての人生がとても希薄になってしまった」

世界中から沸き起こる追悼メッセージは、アヴィーチーの偉大さを物語っているよう。アヴィーチーの音楽は今後も多くの人々を魅了し続け、永遠に語り継がれるだろう。

text : Ayano Nakanishi

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • 世界的DJアヴィーチーが28歳の若さで死去。マドンナやゼッドら多くのセレブから追悼メッセージが寄せられる
PICK UP記事 - SPUR.JP -