MAGAZINE

キャサリン妃派? メーガン派? 気になるふたりのロイヤルファッション対決

SPUR Eye
ファッションの好みは正反対⁉︎ 比べると一目瞭然なふたりの着こなしに注目。


現在第3子を出産間近のキャサリン妃に、来月結婚式を控えるメーガン・マークル。話題が絶えないふたりだけれど、注目したいのはやっぱりその着こなし。同じロイヤルファミリーでも、実はタイプは全く違う⁉︎ 彼女たちのロイヤルファッションをチェック。

ホワイトドレスは、フォーマルorカジュアル?

Photo:Getty Images
ホワイトドレス一枚でも印象が異なるふたり。キャサリン妃が選んだのは、Aラインのドレス。ブラックのステッチでさりげないアクセントを。メーガンは、ピンストライプのドレスでマニッシュに仕上げ、ジャケットを羽織り、シャープにまとめている。

気になるロイヤルファミリーのジーンズスタイル

Photo:Getty Images
ロイヤルファミリーでは珍しいジーンズ姿を比較。キャサリン妃が愛用するのは、スタンダードなスキニータイプ。カジュアルでも抜けのないスタイルの彼女に対し、メーガンはダメージ&カットオフのデニムをチョイス。白シャツを合わせたシンプルさがまたおしゃれ。

コーディネートの主役になるコート、どう着こなす?

Photo:Getty Images
王道のロイヤルスタイルとも言えるクラシックなアイテムを好むキャサリン妃は、首元まで閉まった上品なコートをセレクト。ブルーやピンクといったカラフルなワードローブが多いのも彼女の特徴。一方メーガンは、ラフなシルエットのベージュのコートを着用。リラックスした着こなしは、カリフォルニア出身の彼女ならでは。

それぞれの個性が光る? イヴニングスタイル

Photo:Getty Images
ロイヤルファミリーの一員なら、パーティに出席するのも仕事のひとつ。ノルウェーの王宮に招かれたキャサリン妃は、淡いピンクのロングドレス姿を披露。胸元にビジューが輝き、いっそうエレガントな雰囲気を演出した。英王室主催のイベントに出席したメーガンは、黒のパンツスタイルで登場。そのスタイリッシュな姿が注目を集めた。

おしゃれなハットはロイヤルファミリーのマストアイテム

Photo:Getty Images
ロイヤルファミリーにとって、ハットはコーディネートに欠かせない存在。普段からハットをかぶることが多いキャサリン妃は、ホワイトのレースやフラワーがあしらわれたデザインでドレスとマッチ。メーガンは、カジュアルなストローハットをオン。リゾートライクに仕上げた。



【SPUR】ダイアナ元妃とキャサリン妃、時を超えてシンクロするふたりのファッション(外部サイト)

【SPUR】キャサリン妃とメーガン・マークルのお揃い「ロイヤル婚チーク」(外部サイト)

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • キャサリン妃派? メーガン派? 気になるふたりのロイヤルファッション対決
PICK UP記事 - SPUR.JP -