MAGAZINE

英王室のキャサリン妃、北欧への公式訪問で、愛国心溢れるマタニティスタイルを披露

2018年1月30日から2月2日(現地時間)まで、英王室のウィリアム王子とともにスウェーデン&ノルウェーを公式訪問しているキャサリン妃。残念ながら、ジョージ王子とシャーロット王女の姿はないものの、キャサリン妃のおしゃれなマタニティルックが話題に。全4日間の滞在の中から、英国ブランドを取り入れたスタイルを厳選してお届け。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

滞在1日目はストックホルムで、バンディ(アイスホッケー)のイベントに参加したウィリアム王子&キャサリン妃。キャサリン妃が高校の時にホッケー部だったことは有名な話だが、第3子の出産を4月に控えたキャサリン妃のホッケーを楽しむ姿には、周囲もヒヤヒヤしていた!?

ここでは、英国を代表するブランド「バーバリー」のムートンコートにファー付きのニット帽をかぶり、足元はカナダ発のブランド「ソレル」をチョイス。エレガントながら防寒対策もバッチリなスノースタイルを披露した。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

その夜は、スウェーデン英国大使公邸にて開催されたディナーに参加。キャサリン妃の着用ドレスは、英国ブランドの「アーデム」。ブルーやバーガンディなどの花々が大胆に描かれたシルクドレスに、ダイアナ元妃が愛用していたパールピアスを合わせたキャサリン妃。

ちなみに、同ディナーには、女優のアリシア・ヴィキャンデルをはじめ、スウェーデンを代表する著名人や政治家も出席したとか。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

2日目の夜には、フォトグラーフィスカ(写真美術館)での祝賀会に招待されたウィリアム王子とキャサリン妃。ここでもキャサリン妃は「アーデム」の花柄ドレスをセレクトしたが、昨夜の華やかなドレスから一変、エレガントなブルーのベルベットドレスを着用。ふっくらしたお腹でも苦しくない胸下切り替えで、マタニティにやさしいデザインだ。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

3日目はノルウェーに移動したウィリアム王子とキャサリン妃。夜は、ノルウェー王宮での晩餐会に出席した。キャサリン妃は「アレキサンダー・マックイーン」の女神のように美しいドレススタイルで魅了。首元のゴージャスなデザインに合わせて、イヤリングとブレスレットのアクセサリーも煌びやかに仕上げている。

今回の公式訪問では、自国のブランドをアピールしつつ、麗しいマタニティスタイルで注目を集めたキャサリン妃。ますます美しさに磨きがかかるキャサリン妃から、目が離せそうにない。

>>ダイアナ元妃とキャサリン妃、時を超えてシンクロするふたりのファッション

>>英王室のカナダ訪問、キャサリン妃のワードローブを一挙公開

>>キャサリン妃の出産予定日が明らかに! 美しいマタニティスタイルもチェック

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images
提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • 英王室のキャサリン妃、北欧への公式訪問で、愛国心溢れるマタニティスタイルを披露
PICK UP記事 - SPUR.JP -