MAGAZINE

最も稼いだ女優はエマ・ストーン! 2017年度の長者番付ランキングが発表

SPUR Eye
世界中で大ヒットした映画『ラ・ラ・ランド』の出演により、エマ・ストーンが長者番付で1位を獲得。今年度のオスカー女優が稼いだ金額は?


米経済誌『FORBES(フォーブス)』が、2017年度に最も稼いだ女優ランキングを発表。第1位に輝いたのは、映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたエマ・ストーン(28)。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

同誌によると、エマは、2016年6月〜2017年6月までの1年間で2.600万ドル(約28.5億円)を稼ぎだし、トップを獲得。年収は前年比の160%もアップし、2年連続で首位をキープしていたジェニファー・ローレンスを抜く快挙を達成! 勝因はもちろん、世界各国で大ヒットを記録した『ラ・ラ・ランド』の出演料。

2位に輝いたのは、ジェニファー・アニストン(48)。人気TVドラマシリーズ『フレンズ』の再放送による収入やエミレーツ航空の広告契約などで数字を伸ばし、2.550万ドル(約28億円)。昨年の4位からランクアップした。

そして第3位がジュニファー・ローレンス(27)。人気映画『ハンガーゲーム』のシリーズが終了してしまったことが影響したが、それでも2.400万ドル(約26.3億円)もの数字を叩きだし、トップ3にランクイン。オスカー女優の底力を見せつけた。

以下、10位までのランキングがこちら。

4位 メリッサ・マッカーシー 1.800万ドル(約19.7億円)
5位 ミラ・クニス 1.550万ドル(約17億円)
6位 エマ・ワトソン 1.400万ドル(約15.3億円)
6位 シャーリーズ・セロン 1.400万ドル(約15.3億円)
8位 ケイト・ブランシェット 1.200万ドル(約13.1億円)
8位 ジュリア・ロバーツ 1.200万ドル(約13.1億円)
10位 エイミー・アダムス 1.150万ドル(約12.6億円)

注目は、第6位のエマ・ワトソン(27)。今回初のトップ10入りを果たし、フォーブス誌の公式インスタグラムでも紹介されるほど。エマは、実写版『美女と野獣』のベル役が大当たりし、イギリス人女優の中ではトップに躍り出た。

そしてもう一点見逃せないのが、4位のメリッサ・マッカーシー(46)、エマ・ワトソンと同位のシャーリーズ・セロン(42)、8位のケイト・ブランシェット(48)、同じく8位のジュリア・ロバーツ(49)、10位のエイミー・アダムス(43)と、40歳以上のベテラン女優たちの名が連ねたこと。なんと全体の6割も占める結果となった。

今年は、“ダブルエマ”の快挙で幕を閉じた女優ランキング。来年は、どんな新人が現れるのか? それとも、ベテラン勢が座を守るのか? 今から楽しみである。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -