MAGAZINE

エマ・ストーンが、筋肉ムキムキに変身! 新作映画のために7キロ増量

SPUR Eye
次作でエマが演じるのは、元プロスポーツ選手。スリムなボディの持ち主として知られる彼女が、体重増量のために行ったハードなワークアウトの内容とは⁉︎


『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたエマ・ストーンが、次回出演作に向けて大胆なイメージチェンジを果たしたことが明らかに。なんと役作りのためにハードな筋トレを行い、体重を約7キロも増やしたとか!

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

エマが出演する新作映画のタイトルは、『Battle of the Sexes(原題)』。本作で彼女が演じるのは、6080年代に大活躍したテニスの名選手、ビリー・ジーン・キング。

若手女優を演じた前作『ラ・ラ・ランド』の撮影が終了してからたった3ヶ月後に、本作の撮影がスタート。短期間でプロのスポーツ選手らしい体格を手に入れるため、連日ハードなトレーニングに勤しんでいたそう。



本作でエマが演じる伝説のテニス選手、ビリー・ジーン・キング本人と。Photo : Getty Images

そんな彼女のトレーニングをサポートしたのは、セレブ御用達のトレーナーとして有名な、ジェイソン・ウォルシュ。彼はインタビューで、「彼女のワークアウトは、1日に2回。その結果、6.8キロもの筋肉を身につけたよ」と語り、エマが大胆な変身を遂げたことを告白した。

さらに彼は、トレーニングの内容にも言及。なかには、200キロのそりを引っ張りながら走るという過酷なメニューもあったとか。しかしジェイソンいわく、エマはハードなトレーニングを嫌がるどころか、逆に楽しんでいたというのだ。

Photo : Getty Images
撮影現場でパパラッチされた1枚。Photo : Getty Images

ジェイソンは冗談を込めて、「彼女は(トレーニングを始めてから)筋トレの虜になっていったよ」と表現。そして「僕がこれまで仕事をしてきたクライアントたちも、筋トレにハマってしまうことが多々あった」と言い、セレブたちが筋トレに魅了されるのは珍しくないことだと語った。

筋トレに魅了されたエマはめきめきとパワーを身につけ、今ではデッドリフト(両サイドにウェイトがついたバーを、膝の高さまでリフトする種目)で84キロものウェイトを持ち上げることができるまでに成長したとか。「エマはデッドリフトが得意なんだ。これは筋トレのなかでもとくに、難しい種目のひとつだよ!」。 

肉体改造を行ったエマは、一体どんな姿へと変身したのか? 2017年9月に予定されている全米での公開日が、今から待ち遠しい!

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -