MAGAZINE

キャサリン妃の最新ルック7選を公開! 英ロイヤルファミリーのポーランド&ドイツ公式訪問

SPUR Eye
ポーランドとドイツの2カ国を公式訪問していた英ロイヤルファミリー。キャサリン妃の豪華なドレススタイルから、ジョージ王子&シャーロット王女の愛らしい姿まで。旅のハイライトを一気に公開!


1日目 ーポーランド・ワルシャワに到着

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

ポーランドの公式訪問初日、首都ワルシャワに到着した英ロイヤル一家。2016年9月にカナダを訪れて以来、4人揃っての訪問はこれが2度目。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

プライベート機が空港に到着した際に撮られたのが、こちらの1枚。機体の窓から、外を覗くジョージ王子&シャーロット王女の表情がなんともキュート! ふたりとも外に出るのが待ち遠しいよう。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

22日に4歳の誕生日を迎えた、ジョージ王子。ブルーを基調としたシャツと定番のショートパンツで、グッと大人びた印象に。しかしその表情の豊かさは相変わらず。ほっぺを膨らませたチャーミングな表情で、またも人々のハートを掴んだ。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領夫妻からの歓迎を受けた、ウィリアム王子&キャサリン妃夫妻。最も注目を集める初日にキャサリン妃が選んだブランドは、彼女がこよなく愛するアレキサンダー・マックイーン。真っ白なセットアップに、足元はヌードカラーのシューズで清楚に。

同じくヌードカラーのドレスに身を包んだのが、ドゥダ大統領の妻アガタ・コルンハウザー。エレガントなシルエットのドレスに、インパクトのあるレザーベルトを加えたスタイリングがユニーク。キャサリン妃に引けをとらないファッションセンスが話題となった。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

この晩エリザベス女王の誕生日を祝福するガーデンパーティに参加したキャサリン妃は、ポーランド出身のデザイナー「Gosia Baczynska」によるドレスをセレクト。独創的なディテールのドレスを美しく着こなし、ポーランドの人々を喜ばせた。

2日目 ーポーランドの歴史・文化に触れる

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

ホワイトで統一されたスタイリングを披露した翌日、フラワープリントでガラッと印象を変えたキャサリン妃。ボディラインにフィットする五分丈のトップスとフレアスカートのセットアップは、アーデム。

ポーランドのレザーバッグブランド「Etui Bags」のクラッチバッグで、またも地元ブランドを取り入れ。スチュアートワイツマンのストラップシューズと色をリンクさせ、全身に統一感を出した。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

翌日グダニスクの街を訪れたふたりは、シェイクスピア劇場へ。最新のテクノロジーが駆使された建物を見学し、舞台衣装に身を包んだ演者たちと対面。ユニークな衣装の数々に、思わず驚いた表情を見せる一幕が。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

その後ふたりが向かった先は、ポーランド北部にあるシュトゥットホーフ強制収容所。第二次世界大戦時に収容されていた経歴を持つふたりの生存者とともに、館内を見学した。

3日目 ードイツ・ベルリンへ移動

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

この旅のもうひとつの訪問国、ドイツへと移動した一家。ブルーを取り入れた涼しげなマッチングスタイルで、ベルリンの空港に降り立った。

鮮やかなブルーが目を引くキャサリン妃のコートは、キャサリン・ウォーカー。この日もヌードカラーを取り入れた足元は、ジャンヴィト ロッシのもの。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

久しぶりの海外訪問に疲れてしまったのか、この日は朝から不機嫌な様子がキャッチされていたジョージ王子。眠そうな表情で目をこする仕草が、なんともキュート。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

機体から降りると、歓迎のブーケを贈呈されたキャサリン妃&シャーロット王女。小花柄のワンピースが定着していることから、どうやら王女は大の花好きのよう? うれしそうに握ったブーケに顔をうずめ、香りを楽しむ姿をキャッチ。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

ホームレスの青年たちを支援する財団「Robert Enke Foundation」の施設では、不遇な環境で育つ子どもたちと積極的に会話する姿が話題に。優しさ溢れるキャサリン妃の笑顔に、多くの子どもたちが癒されたもよう。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

ベルリンにある英国大使館のガーデンパーティでは、今回の旅で最もインパクトのある、真っ赤なドレスで。オフショルダー&バルーンスリーブが今年らしいドレスは、アレキサンダー・マックイーン。プラダのシューズ&普段よりも強めにカールされたヘアで一層、華やかな雰囲気。隣のウィリアム王子は、妻のドレスとマッチさせた赤のネクタイがポイント。そんなふたりのツーショットは、文句なしのベスト・カップル!

4日目 ーアクティビティに大盛り上がり!

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

ドイツでの滞在2日目は、夏らしいレモンイエローのドレスで爽やかな風をまとったキャサリン妃。こちらは彼女のお気に入りのブランドのひとつとして知られる、ジェニー・パッカム。ウィリアム王子も、涼しげなライトグレーのジャケットをチョイス。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

ドイツ伝統のマーケットを訪れたふたりは、国の代表料理・プレッツェル作りに挑戦! 多くの人に見守られるなか、生地を伸ばしてプレッツェルの成形を行った。手こずっている様子の夫がおかしいのか、早々と完成させたキャサリン妃は横で大笑い。なんとも仲睦まじい姿に、見守るシェフたちの顔にも笑みが。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

プレッツェル作りを満喫したふたりが次に向かったのは、ボート競技がさかんな街、ハイデルベルグ。漕艇にチャレンジするべく、キャサリン妃はボーダーシャツ&スキニーデニムにチェンジ。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

それぞれ別のボートに乗った、ウィリアム王子とキャサリン妃。するとふたりが先導となって、ボートレースがスタート。キャサリン妃は漕ぎ手のメンバーに対して「もっと早く! ゴールはもうすぐよ」と、大きな声援を送っていたとか。しかし残念ながら、レースに勝ったのはウィリアム王子。

5日目 ー公式訪問ツアー最終日

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

最終日となる5日目、夫妻はジョージ王子&シャーロット王女を連れて、航空機メーカー「エアバス」のトレーニング施設を視察。この日も、カラーをリンクさせたスタイリングで登場。

4人のなかでも一段と目を引くライトパープルのドレスに身を包んだ、キャサリン妃。最終日に選んだこちらのドレスは、ニュージーランドのデザイナーによる「EMILIA WICKSTEAD」。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

以前から飛行機好きとして知られるジョージ王子は、ヘリコプターの見学に大興奮。旅の疲れも、吹っ飛んだ様子!

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • キャサリン妃の最新ルック7選を公開! 英ロイヤルファミリーのポーランド&ドイツ公式訪問
PICK UP記事 - SPUR.JP -