MAGAZINE

キャサリン妃、ウィンブルドンの会場で最新ヘアスタイルを披露!

SPUR Eye
2017年7月3日に開幕したウィンブルドン選手権の初日、会場を訪れたキャサリン妃。ドルチェ&ガッバーナの水玉ドレスを美しく着こなした姿に、話題が集中。さらに、夏仕様の新ヘアスタイルも披露!


Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

テニス4大大会のひとつである「ウィンブルドン選手権」が、2017年7月3日(現地時間)にロンドンで開幕。世界中が注目する大会の初日に訪れた、英王室のキャサリン妃。イギリス出身で現在世界ランク1位に君臨するアンディ・マリーの初戦を観戦し、エールを送った。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

これまでも夫ウィリアム王子や妹ピッパとともに観戦する姿を度々キャッチされてきたが、この日はひとりで来場。ケント公爵夫妻らと並び、観戦を楽しんだ。

会場の常連であるキャサリン妃が訪れるたびに大きな話題となるのが、そのファッション。王室きってのファッショニスタと知られる彼女が今年選んだのは、ドルチェ&ガッバーナの水玉ドレス。小物もヴィクトリア ベッカムのホワイトトート&ストラップサンダルと、モノトーンで統一。夏真っ盛りのロンドンで、なんとも涼しげなサマースタイルを披露した。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

さらにこの日、もうひとつ注目を集めたのがキャサリン妃のヘアスタイル。6月29日までは胸元くらいまであったロングヘアを、ばっさりと短くしたことが発覚! 肩下のミディアムスタイルにカットし、ヘアも夏仕様にイメチェン。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

ウィリアム王子と結婚した際には、イギリス中で大ブームを巻き起こした”キャサリン・カット”。イギリス中の美容室で、同じヘアスタイルをオーダーする女性が続出したとか。夏らしく短くなったカットも、ブームになること必至⁉︎ 今年の夏も、キャサリン妃のファッションから目が離せなそうだ。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -