MAGAZINE

シングルがちな料理ボーイ、色気を求めるシングルガール #深夜のこっそり話 #1053

もう約3年も前のことになりますが、このコラムで今回と同じタイトルの記事を書きました。内容は、“爪が伸びている男性はシングル率が高い”という当時の発見について。理由は過去記事を読んでいただくとして、今回は最近新たに気づいた男性の“シングル・サイン”を取り上げます。

さて先日、友人と食事をしていたときのこと。カウンターには我々のほか、美男美女のカップルが一組のみ。となると聞き耳を立てていなくとも、あちらの会話はまる聞こえ。話の内容からも、どうやらまだ“友達以上、恋人未満”のよう。

会話の90%は彼が話し彼女が相槌を打つ、という流れ以上に驚いたのが、その内容。彼が熱弁をふるっていたのは、料理について。やれどこのスーパーの野菜が新鮮か、お肉の下処理、最近の得意料理などなど……失敗談をおかしく語るならまだしも、彼の絵日記を聞いているかのよう。正直すごーく退屈だし、色気がまったくない。お相手の女性もいよいようんざりしているようで、顔が淀んでいる。イケメンなのに残念だなー、なんて思いながら、ふと閃いたんです。“料理好きを語る男性、だいたいシングル”説を。 

というのも最近、出会い系アプリに登録したのですが、「料理にハマってる」「趣味は料理」という男性の多さに衝撃を受けたばかり。なんかうさんくさい!と男友達に聞いてみたところ、「趣味は料理と正直に言う男は、大方誠実だよ」という意外な答えが。「そもそもいろんな子とデートをしていたら、料理なんてしている暇はない。それに、誰のために作ってるの?とか、彼女から教えてもらったの?って深読みされる。料理がうまい男性に引け目を感じる女性も、多いしね」なんて次々と出てくる理由に深〜く納得。 

そんな発見とともにカップルの会話を女友達にも共有すると、シングル女子たちが「そんなデートなら行かないほうがマシ!」とブーイングする一方、既婚女子はこぞって「料理が得意なんてステキ。いい夫になりそう!」と絶賛。結婚できる女とできない女の差が、これほど浮き彫りになるなんて(泣)。 

さて今回久しぶりに過去記事を掘り出してきたのですが……読み返して、気付いてしまったことが。私、プライベートも思考回路も、3年前からまったく成長していない。来年は男性のプロファイリングをする前に、「ご無沙汰」どころじゃなくなった自分を見直すことから始めます。

>>「最近ご無沙汰」のサイン

>>セクシーな職業といえば……

>>カイリーのイケメンボディガード騒動に思う、女の「守られたい願望」

イケメン料理家として忘れてならないのが、ジェイミー・オリヴァー。このちょいワルな雰囲気、たまらん‼︎ Photo : Instagram (jamieoliver)

趣味のバイクに乗って世界中の美食を食べ歩くおっさんふたりのコンビ名は、ヘアリー・バイカー(=毛むくじゃらのバイク野郎、的な感じでしょうか)。シニア世代のレディーたちに、ヘルシーな料理本が大ウケ。Photo : Instagram (hairybikers)

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • シングルがちな料理ボーイ、色気を求めるシングルガール #深夜のこっそり話 #1053
PICK UP記事 - SPUR.JP -