MAGAZINE

冬のワンオペお風呂にバスローブが欠かせない #深夜のこっそり話 #1060

気がつけばもう11月。朝晩はめっきり冷え込むようになってきました。夫が仕事柄、家にほとんどいないので、毎晩の子どものお風呂は母である私の役目なのですが、冬の「ワンオペお風呂」って湯上がりがなかなか大変。子どもを湯冷めさせないために、いかに短時間で保湿ケア&着替えを済ませられるかが重要で、この時間は毎日スピード勝負です。お恥ずかしい話ですが、自分自身は「全裸で肩に濡れたタオル」というまったくもって色気のない格好のまま、迅速かつ手際よく作業をこなす必要があります。秋口まではなんとかそれで切り抜けられたものの、だんだん寒さが本格的になってくると、いくら短時間とはいえ湯上がりの全裸、めちゃサムイ。このままじゃ子どもよりも自分が風邪をひいてしまうのでは……という危機感を抱き、先日ついにバスローブデビューしました。 

私がネットでポチった(典型的な「SPO(すぐ・ポチる・オンナ)」です)のは、出産祝いのブランケットでもおなじみのベアフットドリームズのもの。「COZY CHIC(コージー シック)」というオリジナル素材が使われているのですが、これがもうとろけるようになめらか! 素肌に触れたときの心地よさが最高です。お風呂上がりにさっと羽織れて自分の体を拭く手間が省けるし、吸水性もバッチリ。そして何よりホッとする温かさ! 寒いから早く着替えさせたいのに子どもがグズってなかなか服を着てくれない、というイライラ事態にも余裕をもって対処できるようになりました。かさばるので洗濯が面倒かなと思いきや、意外にすぐ乾くのも嬉しいポイントです。

正直に言うと、家でバスローブを着るのはセレブぐらいだと思ってたし、バスローブとブランデーグラスはセットだと、この三十数年間ずっと思い込んでいました。でもそんなことありませんでした。バスローブってめちゃ便利! この冬のワンオペお風呂は快適に乗り切れそうな気がしています。

>>赤ちゃんのファーストフレンドに、上質タオルの優しいクマさん #深夜のこっそり話 #1056

>>ライフスタイルが変わってもヤエカのバッグはずっと使える #深夜のこっそり話 #1030

杢ベージュのニュアンスカラーがシックで優しい印象。

オリジナル素材「COZY CHIC(コージーシック)」は、夢のような肌ざわり! 洗濯してもすぐ乾く。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -