MAGAZINE

お疲れ脳に効く、低糖質でも満足度の高いきな粉くるみ #深夜のこっそり話 #1049

先日、撮影の差し入れにくるみ入りのパウンドケーキをいただきました。合間にみんなで食べていたら、くるみは脳にいいという話を現場スタッフから聞いたんです。その時はさらっと聞き流していたのですが、後からジワジワ気になってきて、家に帰って詳しく調べてみました。

ネット情報によると、どうやらくるみにはオメガ3脂肪酸という栄養素が豊富に含まれていて、それが血流を良くし、脳の働きを活性化するらしい。さらには神経伝達物質であるドーパミンの分泌を増やすとも言われていて、ストレス解消や、やる気を高める効果もあるらしい。ほほう。つまりそれって、原稿の締め切りに追われながらパソコンに向かう日々を送る、私のようなお疲れ気味の人は積極的に食べた方がいいってことよね?! そうとわかれば買いに行くしかないでしょ! 

その日は夜のデスクワークを始める前に、くるみ欲しさにチャリをすっ飛ばして近所のファミリーマートへ。こんなにも衝動的にくるみを求めたことはそれまで一度もなかったもので、果たしてコンビニに売っているのだろうか……と一瞬不安がよぎりました。が、ちゃんとありましたよ〜、愛しのくるみちゃん! しかも「京挽ききな粉くるみ」という雅なネーミングで。

今、これを書きながら買ってきたばかりのきな粉くるみを食べております。袋を開けた瞬間にきな粉の香りがフワリ。きな粉のおしろいをたっぷりつけたくるみちゃんは、ベースメイクに蜜のコーティングもされており、香ばしさと甘さが絶妙に絡んでいます。くるみのカリカリ食感も生きていて、これは予想以上の満足度! トレビアントレビアン(これ、Eテレの「みいつけた!」という幼児向け番組に登場するオフロスキーさんの決まり文句なんです。毎日子どもと一緒に観ているもので、つい使ってしまいます)。

1袋に入っているのは20粒弱とやや少なめですが、仕事しながら完食するのにちょうどいい分量&満足感だと思います。しっかりした甘みがあるので糖質が気になるところですが、炭水化物は1袋当たり18.4gと意外にもホッとする数字。くるみちゃん、さすがです。これとコーヒーがあれば深夜残業のぼんやりした頭もシャキッとしそう。なんだか今月の入稿はきな粉くるみで乗り切れそうな気がしてきました。あれ、なんだろうこのムクムクと湧き上がるやる気は……。もしや、これがくるみちゃんのパワー?!

ちなみにきな粉くるみはファミマ以外のコンビニでも売っているようなので(実はけっこうメジャーな食べ物なんですね)、一度食べ比べしてみようと思っています。

>>マロンの誘惑に勝てません #深夜のこっそり話 #1045

しっかり甘さもあって、くるみのカリカリ食感がクセになる!

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • お疲れ脳に効く、低糖質でも満足度の高いきな粉くるみ #深夜のこっそり話 #1049
PICK UP記事 - SPUR.JP -