MAGAZINE

夏フェス、ロンドン遠征の巻 #深夜のこっそり話 #1020

いよいよ夏フェスが本格的に盛り上がる季節ですね。参戦予定のみなさんは、何を着て行こうか、どこまで装備するか、作戦を練っているところでしょうか。先週、ひとあしお先に、ロンドンで開催されているミュージックフェスBRITISH SUMMER TIMEBST)に行ってきました。私のような素人にもわかる、野外とは思えない音のよさ、そして天気にも恵まれて、めちゃめちゃ最高でした。この日のヘッドライナーはエリック・クラプトンだったのですが、日も暮れた頃のアンコールでは、その前に出演したサンタナと共演。カルロス・サンタナが、これでもか! とギターを弾きまくり、その様子にクラプトン先生が思わず笑っちゃう、という名場面もしっかり目撃してきました。

初参戦のBSTですが、そのロケーションが最高でした。会場はハイド・パークの中。行き帰りの混雑はないし、レインブーツやテントや駐車場の心配をしなくてもいいのも、キャンプ嫌いの私的にはストレスフリー。そしてなんたって、ホテルから公園の中を散歩しながらのアクセスが、とっても気持ちいい。ハイド・パークって、何であんなに居心地が良いのでしょうね。広いから? そこかしこにロイヤル感が漂っているから?

ここまで書いておいてなんですが、実はロンドンにはまるで興味がなかったんです。最後に行ったのは約20年前の夏休み。当時は、7月なのに薄暗いし、うっすら肌寒いし、かっこいい人はいないし(私見です)、滅入るわ〜とすら思っていました。なので、その後再訪する機会はなかったのだけど、今回のフェス遠征のおかげで、私の中でのロンドン好感度が急上昇。ちょうどワールドカップのイングランド戦の日程とも重なり、地元の方に紛れてパブで盛り上がれたのも、よかったのかも。ライブそのものはもちろん、その他にも思いがけない出会いや発見がある遠征は、やっぱり楽しいですね。

>>夏フェスのマストアテムをチェック!

>>夏フェス駆け込みSPO(すぐ・ポチる・オンナ)

ハイド・パーク内のサーペンタイン・レイクには、9月までの期間限定で、クリストによる、カラフルなドラム缶を積み上げた巨大なアート作品が

天気がよくて気持ちいい!この 開放感こそ、野外フェスの醍醐味ですね

首から下げるとイベント感増します

フェス前に、レコードショップROUGH TRADEに寄って、ウォームアップ!

準決勝進出をかけた試合で、イングランドが2点目を入れた瞬間! 勝った試合を見られてよかった。残念ながら、決勝にはいけませんでしたね…

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -