MAGAZINE

まさかのドイツ敗退! 元祖イケメン監督との別れに涙 #深夜のこっそり話 #1014 #fifaworldcup

2018年6月27日、韓国に負け、まさかのグループステージ敗退が決定した前ワールドカップ王者・ドイツ。初戦でメキシコに敗けた時も衝撃を受けましたが、スウェーデン戦では見事勝利。決勝トーナメント進出は確実だろうと予想していた矢先の出来事に、驚きを通り越し、言葉を失ったほど。そもそもオランダやイタリアなどのサッカー強豪国が出場を逃すという、予選から波乱に満ちた今回のワールドカップ。メッシ選手率いるアルゼンチンの敗戦をはじめ、番狂わせの連続に、世界中がハラハラとさせられていることでしょう。

サッカーの知識は別として、選手&監督のチェックだけは人一倍の情熱を注いでいます。それも、プレースタイルや技術ではなく、顔&ボディ。そんな私のかねてからのお気に入りメンズが、ドイツのヨアヒム・レーヴ監督。2006年にドイツ代表チームの監督に就任して以来、2010年のW杯南アフリカ大会では3位、2014年のW杯ブラジル大会では優勝と、輝かしい成績を残している名監督。そんな彼のチャームポイントが、ヒュー・グラントさながらのたれ目。35歳まで選手として活躍していたこともあり、その肉体美は58歳になった今も健在(ほんのりポテッとしたお腹周りはご愛嬌)。スーツ姿も抜群のかっこよさで、白シャツで登場した日などは、ゲームそっちのけでレーヴ監督ばかりを目で追ってしまうほど。(↑のギャラリーにも入っています。ぜひ、ご覧あれ)

普段からあまり笑顔を見せない硬派な彼ですが、敗退が決まったときの表情といったら。いつものたれ目がさらにたれているように感じたのは、私だけではないはず。憂いのある表情も、セクシー!なんて興奮しつつ、決勝トーナメントでレーヴ監督を見られなくなると思うとがっくり。試合後の会見では「この結果は私に責任がある」と、辞任を示唆する言葉も。お願いだから辞めないで…!と、切に祈りながら眠りについた夜です。

とはいえ今後の試合でも、クリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界を代表するイケメン選手たちが出場予定。イケメン特集を見直しながら、今後必見の試合をリストアップしようと思います。

>>【SPUR】ハリウッド俳優顔負け! 2018 FIFA ワールドカップで見逃せない、世界のイケメン選手22人

>>【SPUR】勝利の女神を探せ! 2018 FIFA ワールドカップで選手を支える美女サポーター15

>>【SPUR】世界中が大熱狂! W杯観戦するセレブをSNSで追っかけ

ネイビーで統一したスタイルも素敵。

この上半身、見てください! 58歳になった今も、筋肉美は健在。

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会では、見事優勝。トロフィーを手に、この笑顔♡

黒のハイネックは、レーヴ監督のお気に入りアイテムのひとつ。

ベンチに腰をかける姿も、様になる!

白シャツ姿に惚れ惚れ。試合中はノータイで第3ボタンまで開けるのが、レーヴ流。

冬にはマフラーを欠かさずON。スリムなコートで、イイ男度がアップ。

ドイツ代表チームのコーチとして就任した、2004年の1枚。短髪もナイス。

今回のワールドカップで「イケメンすぎる!」と話題を呼んだ、モロッコのエルベ・ルナール監督。ちょいヒュー・ジャックマン似?

ルナール監督も、白シャツ姿が好評。パンツにINせず、ラフな着こなしがワイルド!

ワールドカップには出場していませんが、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督もラブ。スキンヘッドお似合い度でジェイソン・ステイサムに張れるのは彼だけ!というのが持論。

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • まさかのドイツ敗退! 元祖イケメン監督との別れに涙 #深夜のこっそり話 #1014 #fifaworldcup
PICK UP記事 - SPUR.JP -