MAGAZINE

ザギトワ&メドベージェワの、ノーブルでキャッチーなメイクを真似したい! #PyeongChang2018 #オリンピック #深夜のこっそり話 #953

あぁ、終わってしまいました、平昌オリンピック。寂しい! それにしても、スゴすぎましたね。女子フィギュアスケート頂上決戦。異次元の強さと美しさ。もう、ドラマがありすぎて、「メドべ…」と名前を言いかけるだけで、今晩もまだ泣けそうです。

ザギトワ選手とメドベージェワ選手、SNS界隈では衣装もカワイイと評判でしたが、メイクアップも素敵でした。目もとはパーリーなベーシックカラーのグラデーションに、太めアイライン。そしてリップは最近のトレンドでもあるセミマット。二人のノーブルな美しさを際立たせていて、華やかなのに、盛りすぎ感はなく、そのうえキャッチー。絶妙なバランスにしびれました。この春のマットリップはザギちゃん&メドちゃんをお手本にしたい!

ザギトワ選手は、眉尻が下がっているところがまたいいんですよねぇ。ともするとクールに見えそうな正統派美人顔ですが、あの「泣き眉」が、15歳らしいいたいけな印象を与えていて、きゅんとします。メドベージェワ選手は、おなじみ「跳ね上げアイライン」健在。キュートな顔立ちながら、あのラインに潜む貫禄と小悪魔感がたまりません。あぁ、かわいい。平昌での熱戦は終わりましたが、まだまだ ツートップの画像や動画を漁る夜が続きそうです。(エディターY)

>>エキシビションと共に楽しんで。金メダルおめでとう! 羽生結弦選手が平昌五輪で魅せた圧巻の演技を、一挙プレイバック

>>エキシビション5番滑走! 銀メダルおめでとう。宇野昌磨選手の演技を、ギャラリーでお届け

>>ついに開幕! 平昌オリンピックでチェックすべき、世界のイケメン選手15選 #PyeongChang2018 #オリンピック

目の下は極細で囲みライン。目尻の処理が美しい! ザギトワ選手の透明感ある肌に、赤い衣装とリップがはえますね。Photo:Getty Images

勝手に作りました、ザギちゃん風メイクセット。目の下まで囲むなら、真っ黒よりも限りなく黒に近い濃紺のアイライナーが使いやすい。左から、SUQQU アイライナー リキッドペン デュオ102、イヴ・サンローテン・ボーテのタトワージュクチュール1

この角度だとよくわかる、メドベージェワ選手の目尻のラインの描き方。Photo:Getty Images

勝手に作りました、その2。メドちゃん風メイクセット。左から、ローラ メルシエ ヴェロワ エクストリーム マット リップスティック ファイス(2018年4月18日発売)、2つの太さのペン先でどんなラインも自在に描ける。キッカ リキッドアイライナー W 01。

提供元: SPUR.JP

関連記事

  • GLADD(グラッド)
  • MAGAZINE
  • BEAUTY
  • ザギトワ&メドベージェワの、ノーブルでキャッチーなメイクを真似したい! #PyeongChang2018 #オリンピック #深夜のこっそり話 #953
PICK UP記事 - SPUR.JP -