MAGAZINE

魅惑のイチジクパン #深夜のこっそり話 #940

好きなパン屋がいくつかあり、近くに行くことがあったら必ず立ち寄ってしまいます。そのひとつが、渋谷の路地にあるパン・オ・スリール。天然酵母のパンが並んでいて、どれを食べてもおいしいのです。そこで最近出合ってしまったのが、イチジクがぎっしり詰まっている、その名もフィグ。赤ワインでコンポートしているイチジクがたっぷりと! レーズン、クルミも入っていて、食感のアクセントがよりおいしさを増してくれています。なぜ今まで食べていなかったのかと思うほど、好みの味でした。

はじめは、「イチジクは気持ち程度入っているくらいなんでしょう」と、期待していなかったわけです。そんな気持ちはトングで持ち上げた瞬間に見事に打ち砕かれましたが…。中には生地からはみ出てくるくらいのものもあり(写真1)、その詰まり具合にキュンとしたほどです。パンに対してときめくのは、ハートブレッドアンティークで出合ったあん食パン以来(写真2)。

しかもイチジクは、水溶性の食物繊維が豊富、女性ホルモンに働きかけてくれるなど、美容や健康に嬉しい効果があると言われていますよね。それを言い訳にして、ハイペースで食べています。実は明日の朝食用にも買ってきているので、寝る前ワクワクしています。(ライターK

≫≫≫長尾智子のごちそうは、一皿のスープ

ハートブレッドアンティークのあん食パン。コーヒーとの相性が抜群です。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -