MAGAZINE

ヴァンパイアはOKですが、ゾンビはNGです。 #深夜のこっそり話 #885

お正月休みが近づき、「海外ドラマが一気観できる!」と、楽しみにしているこの頃です。話題になっている、気になる俳優が出演しているなど、どの作品を観るのか、選ぶポイントはいろいろありますよね。ただ、どんなに話題になっていようとも、どうしてもゾンビが出てくる作品は観られません。理由は単純。ただただ怖いから。

同じようにホラー要素もあり、非現実的な作品でも、ヴァンパイアものは大好き!『ヴァンパイア・ダイアリーズ』や『トゥルーブラッド』などを観ています。なぜ、ヴァンパイアはOKで、ゾンビはNGなのか…。考えてみたところ、恋愛要素があることと、ファンタジーとして観られるかどうかだということに気がつきました。

確かに、ヴァンパイア作品は恋愛を軸に展開されていることが多く、ビクッとするような怖い演出があったとしても、恋愛に重きを置いて観られます。そのファンタジー性をシンプルに楽しめる感じです。その一方で、ゾンビはどこかリアル。その先の角を曲がったらゾンビに遭遇するかもしれないという気持ちが、どうしてもぬぐえないのです。さらに、海外ドラマは夜に観ることが多いので、ゾンビ作品を観てから寝ると、夢に出てくる可能性も捨てきれません。もともとお化け屋敷が苦手なほどのビビり体質だから、そう思うのかもしれませんが…。

ということもあり、あの大ヒット作品『ウォーキング・デッド』はいまだ観られていません。同じく海外ドラマ好きの友人からは、「今までのゾンビ作品とは違うから怖くないよ」と言われているのですが、デビューはまだ先になりそうです。ひとまず今夜は、Huluで『ヴァンパイア・ダイアリーズ』を再び観始めようと思います。(ライターK

≫≫≫話題の映画はここでチェック!
萩原麻理の「ファンガールの映画日記」

『ウォーキング・デッド』デビューはいつになるだろう…。現在シーズン8までが放送中。photo:Instagram@amcthewalkingdead

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -