MAGAZINE

どうせなら、自分も「インスタ映え」してみる? #深夜のこっそり話 #875

2017年度の流行語大賞が発表され、「インスタ映え」や「忖度」などが選ばれましたね。つい先日、友人から忘年会の誘いがあったのをきっかけに、今更ながら「インスタ映え」ブームにのってみたくなりました。というのも、お店の雰囲気、乾杯や食事など様々な角度から撮るミーハーな友人に対して、食事とお酒を楽しむことに集中したい私。そもそも、スマホで写真を撮ること自体、興味がありませんでした。理由は、撮られるのが苦手だから。加工しても隠せない、目の下のクマやほうれい線が浮き出た自分の写真の横にイケてる「インスタ映え」した写真が並んでいると、トホホとなるのがオチです。

そんなときに写真をもっと楽しめるかも?と希望を与えてくれたのが、シャネルのル ブラン スティック コンシーラー。目の下にポンポンとのせてから指で馴染ませると、肌全体がパッと明るくなるような気がするんです。目の下のクマで顔全体を暗くしていたなんて、と思うくらい! まさに自分が「インスタ映え」になれる1本です。よし、今年は友人の前で「インスタ映え」効果を試そうと、この原稿を書きながらニヤついてる夜です。(エディターMK)

こちらも気になります
> 夕方になるとほうれい線が目立ちます。どうしたらいい?

うっかり「セルフィー撮ろう」なんてなっても大丈夫です Photo:123RF

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -