MAGAZINE

加湿器に、うるおいと癒しをもとめて #深夜のこっそり話 #835

もうすっかり秋ですね。この時季からの悩みといえば、乾燥。肌や唇は保湿クリームで応急処置ができますが、就寝中はそうもいきません。冬の起床時は喉の痛みがひどく、声もガラガラでした。これまでは高さ20㎝ほどの加湿器を使用していましたが、有りと無しでは大違い。喉の痛みは軽減されましたが、水蒸気で本体や床が濡れてしまうのが気がかりでした。

そんな悩みもあり、さらに今年はもう少し大きい加湿器が欲しいとネット検索していたら、気になるものを発見。それが「超音波アロマ加湿器」です。商品名の通り、アロマディフューザーとしても使用できますが、何といってもスチームの吹き出し口の高さに惚れぼれ。これなら、床のびしょびしょも防げるかも!?と思わずネットでポチり。噴出量のレベルも3段階に分かれていて微調整も可能だし、シンプルなデザインも申し分なし。早速使用してみると、さほど水蒸気は気になりませんでした。ですが冬本番は結露なども出てくるので、まだまだ使用し続けないとわかりませんが……。休日は、お気に入りのアロマを数滴たらしてアロマディフューザーとしても愛用中です。冬本番前に良い買い物ができた〜と、今夜も加湿器のスイッチを入れてから、おやすみなさい。(エディターMK)

>  持ち運びできる超小型の「AROMASTIC」も気になる
> 旅の必需品・無印良品編

就寝中の乾燥対策もこれでバッチリ! Photo:123RF

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -