MAGAZINE

楽園のトイレ問題 in ベトナム #深夜のこっそり話 #792

みなさんは今年の夏、どこかへ出かけましたか? 私は現在夏休みを取り、ベトナムに来ています。以前ハノイを訪れて以来、約6年ぶりとなるベトナム旅行。近年の海沿いリゾート地ブームに心惹かれ、ダナン、ホイアン、フエの3都市周遊を計画。

他の東南アジアの島々に比べて海はいまひとつ、と聞いていたため正直、あまり期待はしていませんでした。しかし実際に訪れてみると海も美しく、なによりも、静かで落ち着いた雰囲気がたまらなく良い。もとからベトナム料理が大好物ということもあり食事情も完璧で、どの側面からみてもパーフェクト。今後、ベトナムでのバカンスの機会がぐんとアップしそうな予感。

今回私が滞在しているのは、フエの街から1時間ほど離れた場所にあるリゾート。徒歩圏内にホテルやリゾート施設はなく、プライベート感満載。自然に囲まれていながら清掃も行き届いており、虫も少なく、まさに“楽園”そのもの。しかしひとつだけ、気になる点が。それは、トイレ。

バスルームを見て、びっくり。なんとドアではなく、カーテンで遮断するシステムなのです。シャワーであれば普通のことですが、トイレにカーテンというのは初見。以前旅行で訪れたタイのオープンエアーなトイレに比べれば、まだ遮断されるだけマシか…と納得しつつ、レアな光景を思わずパシャリと記念撮影。

南国に限らず、プライベート感がまったく考慮されていないユニークなトイレを見るたびに疑問に思うのが、“みんな、恥ずかしくないのか?”ということ。気心の知れた友人や、長年のパートナー、家族と一緒ならまだしも、恋人と初めての海外旅行でこのトイレだったら、ちょっとイヤだなあ、というのが本音。それともトイレごときで絆にヒビが入るくらいならば、その恋は続かない!と、乗り越えなければいけない試練として受け取るべきか。トイレ問題から派生した恋バナに花が咲き、ついつい夜更かししてしまう女ふたり旅の夜です。(ライターA

>>楽園のトイレ問題 in タイ

>>TOKYO ベトナミーズが、呼んでいる

右がシャワー、左がトイレです。

バスタブも、なかなかの開放感。ホテルスタッフからは、たまに漁師が船で通るから、気をつけてね!と笑顔で言われました…。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -