MAGAZINE

頭皮お灸で、夏の疲れをクリーンアップ #深夜のこっそり話 #774

ヘアオイルにマッサージ、炭酸シャンプーに専用美容液と、バラエティに富んだ頭皮ケアがあるなかで、私の太鼓判は、ずばり「頭皮お灸」。コリを“面”で攻めたいときに使う、棒温灸とよばれる筒状のお灸を頭頂に施します。

頭皮へのお灸は血行を促進するだけでなく、もぐさの香りによるストレス緩和、凝り固まった頭皮を柔らくするせいなのか思考もクリアになる感じがします。同世代の人が髪の悩みを抱えていたり不調を訴えたりする人も多い中、比較的いい状態をキープできているのは、もしかしたら頭皮お灸のおかげかも!?

愛用しているのは、せんねん灸の「琵琶湖A型」。二つ折りの腕がついているオリジナルの器具が優秀で、背中や肩、僧帽筋あたりへはもちろん、お尻のコリ、頭皮へも楽々アクセスできます。熱が伝わる場所には安全具もついてるので安心して行えます。(一般のお灸を直接頭皮に置くのは危険なので、今回紹介したような専用の器具を必ずお使いください)

とはいえ、頭から煙が立ちあがる様は周りに余計な心配を与えてしまうこと必至。やはり、深夜にひっそりやることをおすすめします。(エディターR)

>小田切ヒロさん流、頭皮ケアも必読!

夏でも参考になるティップスがたくさん
>体温を上げて、人生を変えたい

カーブの角度が絶妙で、手が届きにくい場所へのお灸を可能にします。

スタンダードなお灸も体調マネージメントに欠かせません。

提供元: SPUR.JP

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -