MAGAZINE

耳にダイヤモンドの花を咲かせたい #深夜のこっそり話 #732

夏に向けて、耳元のおしゃれを復活させることを決意しました。よく言えば福耳なのですが、分厚い耳たぶのせいでピアスのハリがすんなり通らないことがままあり、ピアスホールはあきっぱなし、イヤリングも知らぬ間に落としてしまい片方をなくすことはしょっちゅう。いつの間にか疎遠となりました。

そんな私の心を突き動かすきっかけとなったのが、3月に登場した、ヴァン クリーフ&アーペルのフリヴォルコレクションの新シリーズ。パヴェ ダイヤモンドとイエローゴールドが織りなす高貴で表情豊かな輝きに心奪われました。フラワーモチーフのジュエリーに目がないことも手伝い、文字通りひと目惚れ。

耳元にダイヤモンドを纏うと、レフ板効果があるのか、顔色も明るくなり接近戦に功を奏すという話も。もちろん、それは上質なダイヤモンドの輝きだからこそ。実際に耳にあててみると、顔周りがぱっと明るくなるだけでなく、艶やかな気品も添えてくれるかのようで、鏡を見る度に気分が上がりそう。これだけダイヤモンドを贅沢に使っているので、私にとってすぐに手が届くアイテムではありませんが、つけるその日を夢見て妄想する3連休前日の夜です。(エディターR)

>京都国立近代美術館で始まった「技を極める ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸展」

提供元: SPUR.JP

おすすめ商品一覧

関連記事

PICK UP記事 - SPUR.JP -