ドイツの靴ブランド15選

ドイツの靴ブランド

ドイツの靴ブランド。想像できますか?超有名ブランドも人気ブランドもドイツには存在します。今回はドイツから超有名、人気、おすすめブランドまで15ブランドをピックアップしました。

ドイツブランド
Photo by Christian Wiediger on Unsplash

ドイツの靴ブランド15選

見た目はもちろんですが、ドイツの靴は「足のために」という想いが強いブランドが多いです。この15選では革靴からスニーカー、コンフォート系までドイツのシューズブランドが大集結していますのでぜひご覧ください。

1. アディダス adidas
2. プーマ PUMA
3. ルンゲ LUNGE
4. ケンネル&シュメンガ KENNEL&SCHMENGER
5. ツェハ Zeha
6. モーブス MOBUS
7. ビルケンシュトック BIRKENSTOCK
8. エドワードマイヤー Eduard Meier
9. ハインリッヒディンケラッカー HEINRICH DINKELACKER
10. ローヴァーズ Rovers
11. トリッペン Trippen
12. ガンター Ganter
13. リーカー RIEKER
14. フィンコンフォート Finn Comfort
15. セムラー semler

アディダス adidas

世界的な超有名スポーツブランド、アディダスもドイツのブランドです。職人の息子だったダスター兄弟が設立。今ではウェアやユニフォームなど幅広く扱っていますが、もともとは靴製造の会社からスタートしています。

全てのアスリート達の最高のスポーツパフォーマンスのために設計・開発。全てのアスリート達の「不可能/目標」を達成するためにあると掲げるパフォーマンスライン。

そしてストリートスポーツウェアとして展開している「アディダス オリジナルス」。他にブランドを展開し、アスリートからストリートまで幅広い層に支持されています。

プーマ PUMA

こちらも世界的に有名なブランドですが、実はダスター兄弟の兄であるルドルフ・ダスラーが設立したってご存知でしたか?袂を分け、新しく設立したのがこのプーマです。

スポーツブランドとして様々なビッククラブを擁していますがが、一方でハイブランドやモータースポーツとコラボレーションをするなどスポーツを越えて幅広く展開しています。

ルンゲ LUNGE

“長距離ランナーが痛みを感じないランニングシューズをつくる。”をコンセプトに素材、品質、耐久性、さらに環境対策にまで、こだわったものづくりを展開しているルンゲ。30年以上のランニングシューズビジネスの経験を持つ兄弟が2008年に創業。

アッパーには動物由来の素材(本皮など)を一切使用せず、その殆どの資材をドイツ国内のメーカーから調達している生粋のドイツブランド。特に優れているのがクッション性と履き心地で最強の履き心地と絶賛されるほど。

ケンネル&シュメンガ KENNEL&SCHMENGER

シューズブランドですが、ほかにアパレルやベルト、バッグなども展開。スニーカーからパンプスまで幅広いシューズを展開しており、そのどれもがスタイルを美しくみせることにこだわり、時代を反映したトレンド感を取り入れたデザインが特徴的です。

ツェハ Zeha

1897年に設立。スポーツシューズにおいて評価を受け、東ドイツのオリンピックチームのオフィシャルサプライヤーとして多くのメダリストを支えました。現在ではヴィンテージシューズを彷彿とさせるクラシカルなシルエットで展開しています。

モーブス MOBUS

ドイツのスポーツシューズブランドで、その始まりは陸上競技用のスパイクでししたが、その後ベルリンオリンピックでは公式シューズサプライヤーに選ばれるほど、その品質が認められるまでになります。

他にも警官用のトレーニングシューズやサッカースパイクなどを提供しているドイツでは歴史あるブランドとして有名です。ブランドは一時なくなりますが、20年の時を経て、ブランドが復活。

そのアイデンティティは受け継がれつつ、現在はシンプルでお洒落なスニーカーとして人気があります。

ビルケンシュトック BIRKENSTOCK

ビルケンシュトックと言えば足のアーチを考慮した形状のフットベッド(中敷き)が有名。木製や金属製のフットベッドが常識だった頃にコルクとラバー製のブルーフットベッドを開発しました。

多くの工程は手作業で行われ、履き心地の良さには定評があり、世界中で愛されています。

アリゾナ

ボストン

人気ファッション通販サイトGLADDでは期間限定でルケンシュトックのイベントセールを開催しています。フォローブランド登録で登録しておくと、セール情報がメールで届きますので、ぜひご利用ください。

エドワードマイヤー Eduard Meier

ドイツの靴ブランドエドワードマイヤーは最古の1596年創業。実は世界でも最古のシューズブランドと言われています。履き心地の良さの追求に余念のないエドワードマイヤーは1920年代に足透視器を生み出し、靴を履いた状態で確認できたそうです。

X線を活用して靴の内部を確かめたり、整形医学的な観点も採用して独自のラストを作るなど、ドイツシューズブランドの中でも最高峰といって過言ではないでしょう。

ハインリッヒディンケラッカー HEINRICH DINKELACKER

こちらも老舗ブランド。その歴史は130年以上。マイスターの称号を持った職人によるオールハンドメイドで約300もの工程を経ているため、年間生産数は約8,000足。

特徴的な底付けと、品質の良いコルクをインソールに敷き詰めることでふっくらとしたは着心地を実現。超高級品として「靴のロールスロイス」とも呼ばれています。

ローヴァーズ Rovers

ユニークで遊び心のあるデザインが特徴的なローヴァーズ。非対称のカットや目を引くプリントが特徴的ですが、快適な靴作りを最優先に、フィット感を大切にしながらしっかりとハンドメイドで作られています。

トリッペン Trippen

靴職人のマイスターで、医療用矯正靴などの製作にも携わっていたミヒャエル・エーラーと、靴や服のデザイナーとして活躍していたアンジェラ・シュピーツの2人によって1992年に誕生したブランド。

ブランドのステートメントは「人間工学に基づいた長くご愛用いただける靴を責任を持って作る」の言葉通り、修理のアフターケアもしっかりとしています。

靴職人×デザイナーが立ち上げたブランドなので、ハイブランドのコレクション用のシューズを手掛けたり、コラボレーションするなど、ファッション界においても実績があり、様々な賞を受賞しています。

ガンター Ganter

コンフォートシューズとして有名なのがこのガンター。”足に良い靴”をコンセプトに研究開発を続け、3cmのヒールでも心地よく履けるアーケードソールや機能的な「4ポイントソール」など、数々の特許を取得しています。

なかでもガンター アクティブがおすすめ。裸足のような歩きやすさに加え、アクティブを履くことで体の軸を真っ直ぐさせる効果も期待できることから ドイツ脊椎健康推進協会による承認も受けています。

リーカー RIEKER

リーカーは良い商品をより多くの人々に購入してもらうため、ファッショナブルなデザインにも目を向けています。リーカーの靴は高いパフォーマンスを実現させるものではありません。

日常生活においてどれだけ気持ちよく履いていられるかという事に目標に、独自の構造で製造されています。そのため、軽量、ショックの吸収、伸縮性、むくみのためのスペースなどの機能を持たせています。

フィンコンフォート Finn Comfort

フィンコンフォートはコンフォートシューズの中でも外反母趾の方にも優しい靴を作っています。整形外科学と解剖学に基づいて作られたシューズは体に負担をかけない設計でアウトソールには歩行時の衝撃を吸収する、軽くて柔軟性・耐久性の高い素材を使用しています。

セムラー semler

こちらもコンフォート系ですが、セムラーはスタイリッシュコンフォートを提案しており、トレンドを意識したデザインで幅広く展開されているので、用途に合わせて1足持っておきたい靴です。

GLADDならお気に入りがみつかる

ドイツの靴ブランドはいかがでしたか?今回は革靴、スニーカー、コンフォートなど幅広いブランドを紹介しましたが、ファッション通販サイトGLADDでは、ジャンルを問わずシューズを展開しています。5,000以上のオフィシャルパートナーブランドから最大90%OFFで販売しているので、好きなシューズがお得に買えるチャンスです。

ファッション通販サイトGLADDメンズシューズ

靴関連記事:
イタリアの人気レディース靴ブランド総まとめ
イタリアの人気メンズ靴ブランド総まとめ
イギリスの人気メンズ靴ブランド総まとめ
イギリスの人気レディース靴ブランド総まとめ

スニーカー関連記事:
2019年注目スニーカー
2019年スニーカーブランド70選
おすすめレディースランニングスニーカーランキング
おしゃれレザースニーカーランキング
アメリカのスニーカーブランド15選
おしゃれで履き心地抜群!イタリアブランドのスニーカー15選
フランスのスニーカーブランド特集
ちょっとこだわった人気メンズスニーカーブランド15選
ウォーキングにおすすめのスニーカー
レディーススニーカーコーデ