ACQUAVITA/VITALCARES|GLADD(グラッド)

ACQUAVITA/VITALCARES

このセールは 5月8日(火)23:00 からオープンします

セール期間:2018年5月8日(火)〜2018年5月22日(火)

■acquavita(アクアヴィータ)・・・ 「10年後今よりも健康に」をテーマに2014年8月にデビューしたサプリメントブランド(http://acquavita.jp/)です。 「サプリメントの体感」の実現に向けて、こだわりの製造基準だけではなく、1粒あたりの配合成分量をできる限り多くするという「量」からのアプローチにより,他シリーズサプリとの差別化を図っています。

acquavitaはカナダ/アメリカ/日本の最先端のGMP(Good Manufacturing Practice)取得工場で製造されており、4つのストロングポイントが特徴です。
1) サプリメント1粒1粒へのこだわり 『acquavita』のサプリメント1粒には「いかにサプリメントへのこだわりを体感していただくか」を実現するためできる限り多くの栄養成分量を処方しています。そのため、製品によってはサプリメント1粒が大きいものがございます。また、体に不必要なものを入れないよう、粒表面の糖衣加工などのコーティングを極力減らした結果、においのきついものもございます。
2) アメリカ、カナダ、日本の3ヶ国の最先端工場で製品を製造 『acquavita』はアメリカ・カナダ・日本の3ヶ国の最先端企業とサプリメント製造委託契約を結んでいます。特に『acquavita』製品ラインナップの大半を製造するアメリカ企業は、 アメリカで最も急成長している企業5,000社に贈られる称号「Inc.5000」Products&Services部門(http://www.inc.com/)において、トップ100にランクインした今最も注目されている企業の1社です。そして、これら3ヶ国の製造工場は全て、各国の医薬品製造に求められる製造基準であるGMP(Good Manufacturing Practice)を100%遵守しています。GMP取得工場で製造することで、製造時における成分の劣化、品質のばらつきなどを抑えることができます。
3) 「10年後今よりも健康に」いるための製品ラインナップ 『acquavita』の製品にはダイエットなど、ある一つの目的に特化した商品は少なく、「10年後今よりも健康でいるため」に必要な栄養を摂取することができる、ベーシックなサプリメントに力を入れています。厚生労働省の調査によると現代人は野菜や魚の摂取量が減り、必要な栄養が不足しているため生活習慣病のリスクが高まっています。こういったデータから、例えば『acquavita』では、現代人に不足しがちな、魚に多く含まれるDHA・EPAとしてお馴染みの「オメガ3必須脂肪酸」カテゴリーからは6品が発売中です。
4) こだわりはサプリだけじゃない、環境にやさしいエコボトルを採用 『acquavita』は全商品に「エコボトル(eボトル)」を使用しています。エコボトル(eボトル)とは当社のパートナーでもある旭合同株式会社が開発した植物由来原料(サトウキビ由来原料)を配合した地球にやさしい容器です。エコボトルは焼却時に通常のプラスチック容器に比べて約70%のCO2が削減できます。『acquavita』は人にも地球にもやさしい、そのようなブランドでありたいと思っています。

■Vital cares(バイタルケアーズ)・・・ “カロリーオーバーで栄養不足”という現代人の食生活をサポート!毎日摂るものだから、安心、安全、ハイクオリティが条件。 「Vital cares」は、サプリメント先進国・米国の医師の要望により生まれた、高品質・高配合量のサプリメントです。 医師がクリニックで処方するためのサプリメントを50年以上製造する米国・ダグラスラボラトリーズ社の協力を受け開発された日本オリジナルブランドです。
高い体感性を実現するVital cares3つのこだわり
1) 高品質かつ高配合の自然由来成分 世界の農場で栽培された、こだわりの野菜、ハーブ等から作られています。高い品質と配合量で、加齢とともに低下する「ビタミン・ミネラルを吸収する力」を補います。
2) 体温以上の熱にさらされない「コールドプロセス製法」 体温より低い環境で生産される「コールドプロセス製法」。熱に弱いビタミン等を、成分活性のまま、カプセルやタブレット等に加工しています。
3) 医薬品に求められるGMP基準を100%遵守 GMPとは、(Good Manufacturing Practice)の略で、アメリカで医薬品に定められている製造基準です。原材料の受け入れから製品の販売に至るまで、厳格に品質を管理しています。

他のセールを見る