WORLD BEER AWARDS受賞ビールSELECTIO…|[GLADD(グラッド)] - ブランド通販/セール

WORLD BEER AWARDS受賞ビールSELECTION

WORLD BEER AWARDS受賞ビールSELECTION

セール期間 : 2017年6月11日まで

ワールドビアアワード2014年世界一位を獲得した「トンゲルロー ブロント」やワールドビアアワード フルーツビール金賞受賞、女性のおすすめのフルーツビール、ベルギーの代表的な修道院ビールなどをご紹介します。 ●ハーヒト醸造所:現在ベルギーにおいて約100ある醸造所の中で、ハーヒト醸造所は三番目の規模を有しています。創業は1898年。ルーヴェン市とメッヘレン市との間にあるフレミッシュ・ブラバント州にあり、由緒ある家族経営による醸造所です。ハーヒト醸造所はその豊かな伝統と個性を誇りにしています。最大の強みはまぎれもなく外食産業にあります。生産している飲料をベルギー、南部オランダ、および北フランスの5,000軒以上の飲食店または自社パブに提供しています。年間生産量は約12万KL(キロリットル)。1975年にメインラガービールとして、プリムスの販売を開始しました。 ●ヴァン・ホンスブルック醸造:普通すぎるビールは作りたくない!という醸造所の方針で作れば売れるはずの「ピルスナービール」を作っていません。一風変わったビールを多く輩出するベルギーのみならず世界的に人気の醸造所です。 1865年にサンジョセフブルワリーとして創業、1953年に現在の名前ヴァン・ホンスブルック醸造所に改名。1955年、当時の社長ルーク・ヴァン・ホンスブルックがラガービールの醸造を中止し、ランビックとクリークの醸造に力を入れた。これが転機となり、ヴァン・ホンスブルックは、急成長を遂げた。1986年にインゲルミュンスター城を購入し、現在の醸造施設となっている。2016年に新しい醸造施設が完成する予定。 ●シメイ醸造所・・・シメイのスクールモン修道院(ノートルダム大修道院)の修道僧は、一般にはトラピストとして知られている、厳律シトー修道会に属しています。彼らの生活の中心は労働であり、労働によって最も貧しい人たちへの援助を確保するために懸命の努力をしています。これが、修道僧たちが国内の北部でビール醸造を何世紀もの間続けてきた背景です。それゆえ、長年に亘って、修道院が醸造技術向上の主人公となってきたのです。今や醸造技術は最新鋭の科学的方法を採り入れたスクールモン修道院において、完璧の域に達しています。スクールモン修道院は、さまざまな地場産業を興して最大の雇用主となり、この地域に力強い刺激を与えました。修道僧たち自身が新分野の開拓者となる役割はもはや必要ではなくなり、祈り、学習そして手先の労働の間で過ぎて行く神への献身を続けるために、修道僧たちは次第にこれらの企業活動から身を引いていきました。中世からビール自体の生産は行われていましたが、トラピストビールとしての生産がシメイ醸造所にて始まったのは、1862年からとなっており、当初は地域の失業者を雇用する目的であったと伝えられています。1876年からはチーズの製造も行うようになり、他のトラピストビールと同様、シメイの販売による利益は、修道院の活動および地域の開発にのみ当てられています。現在、シメイトラピストビールの生産と販売は、シメイビール株式会社によって行われています。製造は修道院内の醸造所で行われ、院内に設置された井戸水が使われています。製造過程で出る、麦汁を作った後の麦のカスなどはチーズを作る雌牛の飼料に利用され、醸造後、発酵を終えたビールは12km離れた「ベイルゥ」という町の工場へ輸送されて瓶に詰められています。そうして瓶詰めされたビールは3週間程の再発酵期間を経ながら世界中へと送られています。

もっと読む

WORLD BEER AWARDS受賞ビールSELECTION

WORLD BEER AWARDS受賞ビールSELECTION

ワールドビアアワード2014年世界一位を獲得した「トンゲルロー ブロント」やワールドビアアワード フルーツビール金賞受賞、女性のおすすめのフルーツビール、ベルギーの代表的な修道院ビールなどをご紹介します。

●ハーヒト醸造所:現在ベルギーにおいて約100ある醸造所の中で、ハーヒト醸造所は三番目の規模を有しています。創業は1898年。ルーヴェン市とメッヘレン市との間にあるフレミッシュ・ブラバント州にあり、由緒ある家族経営による醸造所です。ハーヒト醸造所はその豊かな伝統と個性を誇りにしています。最大の強みはまぎれもなく外食産業にあります。生産している飲料をベルギー、南部オランダ、および北フランスの5,000軒以上の飲食店または自社パブに提供しています。年間生産量は約12万KL(キロリットル)。1975年にメインラガービールとして、プリムスの販売を開始しました。
●ヴァン・ホンスブルック醸造:普通すぎるビールは作りたくない!という醸造所の方針で作れば売れるはずの「ピルスナービール」を作っていません。一風変わったビールを多く輩出するベルギーのみならず世界的に人気の醸造所です。
1865年にサンジョセフブルワリーとして創業、1953年に現在の名前ヴァン・ホンスブルック醸造所に改名。1955年、当時の社長ルーク・ヴァン・ホンスブルックがラガービールの醸造を中止し、ランビックとクリークの醸造に力を入れた。これが転機となり、ヴァン・ホンスブルックは、急成長を遂げた。1986年にインゲルミュンスター城を購入し、現在の醸造施設となっている。2016年に新しい醸造施設が完成する予定。
●シメイ醸造所・・・シメイのスクールモン修道院(ノートルダム大修道院)の修道僧は、一般にはトラピストとして知られている、厳律シトー修道会に属しています。彼らの生活の中心は労働であり、労働によって最も貧しい人たちへの援助を確保するために懸命の努力をしています。これが、修道僧たちが国内の北部でビール醸造を何世紀もの間続けてきた背景です。それゆえ、長年に亘って、修道院が醸造技術向上の主人公となってきたのです。今や醸造技術は最新鋭の科学的方法を採り入れたスクールモン修道院において、完璧の域に達しています。スクールモン修道院は、さまざまな地場産業を興して最大の雇用主となり、この地域に力強い刺激を与えました。修道僧たち自身が新分野の開拓者となる役割はもはや必要ではなくなり、祈り、学習そして手先の労働の間で過ぎて行く神への献身を続けるために、修道僧たちは次第にこれらの企業活動から身を引いていきました。中世からビール自体の生産は行われていましたが、トラピストビールとしての生産がシメイ醸造所にて始まったのは、1862年からとなっており、当初は地域の失業者を雇用する目的であったと伝えられています。1876年からはチーズの製造も行うようになり、他のトラピストビールと同様、シメイの販売による利益は、修道院の活動および地域の開発にのみ当てられています。現在、シメイトラピストビールの生産と販売は、シメイビール株式会社によって行われています。製造は修道院内の醸造所で行われ、院内に設置された井戸水が使われています。製造過程で出る、麦汁を作った後の麦のカスなどはチーズを作る雌牛の飼料に利用され、醸造後、発酵を終えたビールは12km離れた「ベイルゥ」という町の工場へ輸送されて瓶に詰められています。そうして瓶詰めされたビールは3週間程の再発酵期間を経ながら世界中へと送られています。

次回のセールは2017年11月5日から2017年11月19日まで開催予定

開催中の「アルコール」の関連セールはこちらです

開催中セールのおすすめアイテムはこちらです

GLADD(グラッド)のご紹介

GLADD(グラッド)は各種商品をセール価格で多数取り揃えております。WORLD BEER AWARDS受賞ビールSELECTIONの各種商品以外にも、様々なブランド商品やメンズ・レディース・キッズのファッションアイテム・レストランコース利用券・エステサービス券・家具・アウトレット商品など幅広いカテゴリの商品をリーズナブルな値段でご購入できるようにサービスを提供しています。毎日新着の最新トレンドアイテムが登場し、キャンペーンセール商品やクーポンの用意もございますので、GLADD(グラッド)の格安オンラインショッピングをぜひ楽しんでください!そして、WORLD BEER AWARDS受賞ビールSELECTIONの次回開催にどうぞご期待ください。